FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

令和10年度までの累積赤字は1.16億円

令和10年度までの財政見通し、大型事業推進プラン、廃止施設等除去推進プランが行政より示されました。

新型コロナ感染拡大の影響により、市税収入等が減ることが見込まれるため、過去のリーマンショック時の決算などを参考に見込みを立てたものですので、今年度の決算状況等を踏まえて来年度に再度見直しされる予定です。

また、大型事業の内、本庁舎建替えについては、津波浸水予想図の見直しに伴い、基本計画等の再検証が必要だとして来年度まで掲載が見送られることとなりました。

行政からの説明によると、本庁舎の建て替え時期未定については、津波浸水予想図見直しによる影響ということですが、そもそも財政的な見通しが立たないこともあります。基本計画策定以降の見通しがない中で、早々に計画策定に事業着手したことにより、事業の実現性をより不透明にしてしまった印象があります。

新型コロナの影響による財政状況悪化もあるため、改めて事業の凍結を行い、まずは建設場所等を含めた市民議論に時間をかけることで、建設時期を明示した基本計画へと改定を行うべきではないでしょうか。

●財政推移のポイントは、、、、
※人口は約4万7000人から4万2395人に減少。

※単年度収支の累積額は1.16億円の赤字。

※財政調整基金等(貯金)は8.13億円から6.98億円に減少。

※市民税等は令和3年度に大きく減少し、令和5年度にいったん回復するが、人口減少により再度減少傾向で推移。これに伴い、地方交付税(国から地方に配られるお金)が穴埋めとして増額される。

※入湯税は令和3年度以降は回復傾向になり、令和7年度には感染拡大前の水準に回復する。

※市債残高(借金)は大型事業の影響で最大220億8千万円まで一時増加するが、令和10年度には185億2200万円となる。

●大型事業(3千万円以上の事業)のポイントは、、、
※長寿命化(改修)事業
 葬祭場、クリンクルセンター、最終処分場、鉄南ふれあいセンター、しんた21、道路や橋、小中学校、市民会館、鷲別公民館、学校給食センター。

※新設事業
栄町保育所の後継施設となる認定こども園、(仮称)情報発信拠点施設、JR登別駅エレベーター、消防本部新庁舎、登別・温泉消防分団施設、消防車両更新。

※全体で120億1千万円の事業費となる。

●廃止施設等除去(建て壊し)のポイントは、、、
※教職員住宅(登別東町4丁目・登別東町・片倉町・常盤町・富岸町・若草町)、幌別西小プール、旧すずかけ作業所、栄町保育所、冨浦児童館、労働福祉センター、婦人センター、市営住宅(見晴・紅葉谷・柏木・柏葉・美浜・幌別西)、消防署登別支署。

※全体で7億8600万円の事業費となる。


それぞれ、ざっくりとした内容となっていますので、事業費明細や細かな内容に興味のある方はぜひ辻までご連絡ください。改めてご説明させていただきます。

国勢調査のインターネット回答って便利です

今回の国調査はインターネット回答を利用してみました。

   スクリーンショット 2020-09-29 074412

アクセス時には自宅に届いた調査封筒に入っているIDとパスワードを入力。基本的にはボタンをクリックしていくだけですので、回答用紙への記入よりもストレスなく簡単にできます。10月7日までの期限ですので、ぜひご利用ください。

    スクリーンショット 2020-09-29 073920     スクリーンショット 2020-09-29 074147

国勢調査の結果は公開されており、実は私の議会質問時にもよく利用をさせてもらっています。人口問題のみならず、交通政策や防災政策、外国人政策など、幅広い政策提案に活用できます。

また、それぞれの世代がもつ「常識」が、現代社会とは必ずしも一致しない実態等を説明する時にも、説得力のある統計データとなっています。例えば、20代の未婚率・30代の未婚率などは、世代によって想像している数値と実際は大きく異なってきています。

議会質問時において、これらの数値を示しながら指摘や提案を行うと、相当の説得力が得られます。

しかしながら、国勢調査の未回収率は、2000年調査で1.7%、05年は4.4%、10年は8.8%、15年には13.1%と近年急激に悪化。今回の調査ではさらに悪化する傾向にあり、国勢調査の信頼性が危機的状況にあると言えます。

理由はプライバシー意識の高まりとされていますが、そもそも国勢調査の必要性について理解が得られなくなっていくことも考えられます。国勢調査が始まってちょうど100年目の今回を機に、次回は新たな広報や手法を考えていかなくてはならないようです。

幌別中学校 行燈×刈田神社 観月祭

幌別中学校伝統の行燈。今年は学校祭の中止により、ショッピングセンターアーニスでの展示だけとなりましたが、見に行ってみると展示だけではもったいない力作。
     IMG_9075.jpg     IMG_9073.jpg

そこで急遽、10/1の観月祭で会場に設置することになりました❗️月あかりの下で輝く行燈をぜひご覧ください
      IMG_8852.jpg
当日は参拝された方にみたらし団子の振舞い、子ども達には花火の配布が行われます。どちらも数量限定ですので、お早めにご来場ください。

保育士等に5万円~3万円支給されます。

本日の補正予算審査で、登別市独自で保育所等従事者への応援給付金(慰労金)の支給予算が可決されました。

      

対象施設は、保育所、認定こども園、幼稚園、認可外保育施設、放課後児童クラブ、ファミリサポートセンター(提供会員)

支給対象者は、令和2年4月1日~5月31日までの期間、登別市内の対象施設に10日間以上勤務した方。

支給額は、週29時間以上勤務の方は5万円。それ以外の方は3万円となります。

国により医療・介護従事者への慰労金が支給される中、保育士等への慰労金がないことには私自身も疑義がありましたので、市独自での判断には強く賛同しています。

ただし、対象期間を4月1日~5月31日までとしたことには疑問があります。
    

北海道においては知事による独自の緊急事態宣言が2月28日~3月18日まで示されていたことからもわかるように、急激な新型コロナ感染拡大により、十分な情報や対策、備品が整わない中、現場が大きな影響を受けていたのは2月からです。

一概に年度で区切るのではなく、現場の実情や負担感に寄り添った判断をするべきであり、期間については再考するべきではないでしょうか。

ふるさとチョイスAWARDノミネート

ふるさとチョイスAWARDノミネートふるさと納税を活用した様々な取り組みの中から、地域の課題解決や地域活性化などにつながった優良事例を表彰する「ふるさとチョイスアワード2020」<リンク>において、全国3自治体の一つに登別が選ばれました!
      
      2020-09-25 105856

10月5日に最終プレゼンを行いベストインベストメント賞が決定します。当日の様子はオンライン配信もされますので、応援をよろしくお願いいたします。

ノミネートされた「BeSmileプロジェクト」ガバメントクラウドファンディング<リンク>の受付も引き続き行っておりますので、ぜひ皆さんのご協力をお願いいたします。