fc2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

地方議員養成講座はじめます

本日の道新一面に掲載されました。


地方議員を目指す方、おおむね3期以内の地方議員さんを対象に、来年の統一地方選挙を見据えた2年間の養成講座を開設します😆
完全な無所属・超党派となる道内現職市町村議員や行政職員が中心となって企画し、大学教授、民間企業人、地方議員経験者など多種多様な方を講師にお招き。2ヶ月に1回のペースで基本札幌開催です。講座以外の場面でも様々な情報交換・サポート利用にご活用いただけます。
1/2215:00~は企画概要の説明を兼ねオンライにてキックオフフォーラムを開催。


👉詳細リンクhttp://greenseed21.jp/notice.html
少しでもご興味があれば、まずはご連絡ください😸ご友人知人のご紹介もぜひ、お願いいたします♪

【のぼりべつ割×新しい旅のスタイル】

のぼりべつ温泉、登別伊達時代村、マリンパークに行ってきました!修学旅行生や観光客のみなさまが楽しむ姿が増えてきているようで、嬉しいですね😆

登別・胆振はこれから紅葉🍁が見ごろとなり、海産物や野菜が一番おいしい時期です🍽

明日より販売開始となる「のぼりべつ割」「新しい旅のスタイル」を使って、ぜひ旅に出かけませんか?お目当てのホテル・旅館をチェックです!
    スクリーンショット 2021-10-13 073914   スクリーンショット 2021-10-13 071904
✨のぼりべつ割は市民であればさらにお得✨

※両割引制度の併用は可能ですが、対象期間や対象条件は異なりますので、詳細はそれぞれのHP、予約先でご確認ください。
●のぼりべつ割<リンク>
●新しい旅のスタイル<リンク>





陸上競技場に市役所本庁舎建て替え

本日、登別市より本庁舎建替位置を陸上競技場にする方針が示されました。
     IMG_5731.jpg

すでに策定した建替基本計画の一部見直し、中期財政見込みの見直しなどが10月中旬以降に示されてくるようです。

現有地建て替えよりも高いメリットとしては、、、
①北海道防災会議が示す津波浸水予想区域外となり防災上の安全性が高まる。
②「緊急防災減災事業債」という国の財政措置を受けられる。
③敷地面積が大きくなるため、当初の4階建て計画から低層階設計に見直し、建設コストを下げることが出来る。場合によっては木造建築に見直すことが出来る可能性も高まってきました。

私自身は陸上競技場への建て替え方針には賛成です。一方で、今回の方針を示すに至るまでの経過には看過できない課題もあります。

通常、新しい公共施設を建てる場合、基本計画策定後、いつまでに設計や建設に着手するかなどの全体スケジュールを示しますが、本庁舎建替は市長の公約であったこともあり、基本計画策定だけを先んじて発注し、設計や建設工事時期は未定という異例の対応でした。

今後見直される基本計画の骨格計画として活用されるため、すでに策定した計画がまったくの無駄ではないにせよ、計画行政を軽んじた結果であることは事実です。現在策定中の都市計画関係計画等も一部の見直しを余儀なくされています。

結果的に、計画策定に関わる事業を『最小の費用で最大の効果』で遂行できなかった結果責任については今後、説明が求められます。この点については、市民のみなさまとの議論とは別に、執行機関の監視機能をもつ議会として議論を深めていく必要があるのではないでしょうか。

本庁舎建替え方針の詳細は来週から始まる地区懇談会<リンク>でも説明会され、今年はYouTube配信もされますので、ぜひご注目ください。
      IMG_5737.jpg

多様性を認め合う ひとづくりフォーラム

9月25日18:00~全ての子ども達の幸せを願い、学校や地域における”排除”や”子どもの権利”について向き合うフォーラムを開催します。
   

半年以上企画をあたためていましたものが、多くのみなさんのご協力で実現します。


子どもたちを取り巻く環境では、いじめなどの排除や、子どもの権利侵害が無自覚に存在しています。


本フォーラムでは、子ども達自身の声を聞きながら、多様性に寛容な社会について考えていきます。


市民会館大ホールでの観覧はPTA会員さんなど特定団体を対象にいたしますが、一般のお申し込み者にはYouTube Liveでも視聴をご案内いたします。


新型コロナ感染拡大状況により会場の使用が見込めない場合は全てYouTube Live配信となります。


※北海道PTA連合会ほか・登別市ファミリーサポートセンター・(一社)登別室蘭青年会議所共催

オンライン委員会導入へ

コロナ禍により全国地方議会での導入が進んでいるオンラインによる委員会。


登別市議会でも早期に導入するよう、宮武議員、成田議員を中心に議論を進めていただいています。


感染予防策としてだけではなく、妊産期や育児、介護などにおいてもオンラインで会議出席することを認めることで、多様な人材が議会に参画出来るようにすることを目指します。
   

昨日は試験運用をしてみました。例えば、災害などにより、平常時どおり会議が出来ない状況がいつやってくるかはわかりません。使い慣れないことによる不具合も沢山想定されますが、今を当たり前と考えるのではなく、いつでも、すぐにでも対応できるように備えていくことも重要と考えています。