FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

社会福祉協議会補助金×寄付

新年度の予算審査が始まっています。
H31予算審査
私からは、平成32年2月から始まる住民票等コンビニ交付システムの実施経費にかかる費用対効果や、新たに始まる障害児相談支援事業のあり方などについて質疑しています。

主な質疑としては、、、
●外国籍の子どもたちへの見守り
義務教育年齢の外国籍児のうち、全国1万8千人が通学しているかどうか把握できていないとされています。登別での外国人児童の就学状況については、現在7名の児童すべてが適切な教育環境にあることが確認されています。今後も住民登録受付窓口と、教育委員会が連携しながら、社会から孤立することのないよう、把握が続けられていくことになります。

●里親による一時保護が可能となります。
一時的に療育困難となった子どもを児童養護施設等で受け入れる制度について、受入れ人数に限りがあることや、家庭的環境ではない課題があったことから、次年度より里親による受入れが可能となる仕組みが始まります。これは、すべての市町村で実施できていることではなく、行政の課題認識が高く、さらには登別市内の里親の方々の協力姿勢があったからこそ実現できた好事例だと思います。

●社会福祉協議会への補助金減額について。
社会福祉協議会は社会福祉法人の民間法人格ですが、地域福祉の促進を図ることを目的に行政との密接な関係のもので地域福祉活動を展開している公的セクターでもあります。限られた予算ではあることは理解できますが、法的に地域福祉推進の体制整備の責任主体が行政とされている中で、その推進機関への補助金額が減額されることには違和感があります。

今回の質疑で、用途指定されていない寄付金収入について、補助金額から控除されていることがわかりました。市民や企業から、地域福祉推進に活用していただきたいとの想いで寄付されたものが、補助金の減額にあてられていることになります。これまで行政は、寄付文化の醸成を目指すとの方針を示していますし、ふるさと納税などの制度も積極的に活用している中で、このような取り扱いをすることには疑問があります。

足立ともやの決意

登別出身で初のプロレスラー斗猛矢こと、足立ともやさんが、登別市議会議員を新たな夢として決意されました。
せっかくなので私と一緒にその決意を語っていただきました😄


さて、昨日の立候補者説明会には定数19に対して21組の方が出席されていましたので選挙戦がほぼ確実視されてきそうです。

市議会議員選挙は平成31年4月12日告示―4月21日投票となります。18歳選挙権が始まって初の市議選となりますので、ぜひ若年層の方々にも関心をもっていただけるような活動を目指してまいります。

価値での評価と数での評価

登別駅前地区から冨浦地区へ入る蘭法華トンネルが老朽化で閉鎖となっています。定期点検により、天井の剥離の危険性がみつかったためとのことです。2009年にも一度、同様の理由で閉鎖が続いたことがあります。

少し調べてみると、蘭法華トンネルは1932(昭和7)年完成とされ、道道最古。並行するJR室蘭本線のトンネルは電化(1980年10月)の際に再整備されていますが、こちらの道路は約90年近く現役を続てけてきていることになります。市民の利用頻度としてはなじみが薄いトンネルかもしれませんが、登別漁港から加工場・漁業者居住区とをむすぶ大切なトンネルです。

      H31蘭法華トンネル閉鎖

地元小学生が通学でも利用していましたし、万が一災害により津波が生じた際の重要な避難道路にもなっています。インフラの縮小議論は大切ですが、近年は、「声」が少ないインフラ、つまり利用「価値」ではなく利用「数」での評価により、インフラが縮減されていくような風潮があるようにも感じられ、危機感を持っています。






2019

新年あけましておめでとうございます。

今日から仕事はじめの方も多いと思いますが、登別市役所は7日月曜日が仕事はじめとなりますのでお気を付け下さい。

さて、今年は動画で年始のご挨拶を投稿させていただきます。ぜひご覧いただけると幸いです。

2018→2019

2018年が間もなく終わります。

年当初のブログを読み返してみると、市議会議員4年1期のまとめの年として、改めて前回選挙時の「お約束」を振り返り、どこまで「結果」を示せているかを検証しなければならない年にすることを目標として掲げていました。

私にとって、今期最も大きな目標と掲げていた「登別市生きることを支えあう自殺対策条例」制定が実現したことは、御協力いただいた皆様にたいしても、感謝の念に堪えません。自分自身存じなかったことでしたが、北海道で初の制定ということもあり、マスコミの皆様にも大きく取り上げて頂きました。これを機に、行政における関心が高まってくることを強く期待しています。

議会内の課題ではありますが、登別市議会ホームページのリニューアルと情報公開度の向上について、相当な時間と手間がかかったものの、議会資料やスケジュールカレンダーの掲載など、新たな試みに対して議会全体からの御理解をいただくことができました。傍聴規則の見直しや、パブリックコメント制度の確立なども実現し、10年前には見送られてきたことが、時代の変化とともに理解がすすみ、すこしづつですが市民と議会の関りに変化が生じてきているのを感じています。

副議長を務めた4年間において、議長をはじめ同僚議員や議会事務局職員の皆様には、しつこいぐらいの課題提起や提案をすることで、多くのご負担をおかけしてきましたが、常に真摯に耳を傾けて頂けたことに、大変ありがたく感謝しております。

来年はいよいよ統一地方選挙です。4期目にむけて、これまでの実績と失敗を整理して、市民の皆様に丁寧に説明を重ねていくとともに、次期の目標を誠心誠意伝えてさせて頂きます。
     H30薬物乱用防止教室      H30ホワイトレース2

       H3002条例提案取材3       H30イベント3

       H30登別駅前     H3010ブロック大会2

今年も1年間、一緒に行動してきてくれた仲間と家族は、私にとって本当に大きな支えとなりました。

今年の出会いと、みなさんの真心に心より感謝申し上げます。