FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

どんど焼き×刈田神社

無病息災、疫病退散を祈念して、しめ縄や古札のお焚き上げが行われました。

次回は小正月の1月15日(金)10:00〜行われます。お待ちこみは当日の6時〜16時までとなっております。

      IMG_0756.jpg

【持ち込めるもの🙆‍♂️】
しめ縄、門松、榊、神社のお札、お守り、破魔矢、熊手、ほか刈田神社から出たもの。

【持ち込めないもの🙅‍♂️】
鏡餅、鏡餅の容器や箱、人形、だるま、年賀状、写真、結納品、お寺のもの、食べ物、神棚、ほか日用品
.
しめ縄、お正月飾りは、火災予防や保管場所の都合上、当日以外は持ち込めません。なお、刈田神社から出たお札やお守りや縁起物はいつでもお預かりしているそうです。

捨てづらいものは、塩で清めて紙に包み、一般ごみと別の袋に入れて処分しましょう。分別へのご協力をお願いいたします🔥

登別市市政施行50周年記念式典中止

11月28日に開催を予定していた市制施行50周年記念式典につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大状況を鑑みて中止となりました。
      IMG_0206.jpg

カウントダウンボードもどこか寂し気です。今のところ再延期の方針は示されていませんが、市民実行委員会を立ち上げてまで準備してきたものですから、来年に開催ができないか模索していけると良いですね。

年明けには成人祭も予定されています。一生に一度の晴れ着姿ですから、これだけはなんとか実現をしなければなりません。もし、行政での開催が難しくなったとすれば、市民の知恵と力を結集するときかもしれません。

のぼりべつ Be Smile Festival

令和2年10月31日(土)・11月1日(日)いよいよメインイベントが開催されます。様々な企画を地元高校生の方々が立案準備してくれました。ありがとうございます。
       BeSmileメインイベント

登別マリンパークニクス・登別クマ牧場・ 登別伊達時代村と日帰り入浴施設が、登別市の子供たちに無料開放されます。各施設でのイベント詳細は学校等を通じてご連絡いたします。
        各施設営業時間

さらに、小学生3年生以上の子ども達には登別小学校グラウンドでの植松電機様ご協力によるロケット教室が開催されます。こちらは要予約制ですので、<リンク>からお申し込みください。


●対象者
 登別市在住の未就学児(4歳〜)
 登別市在住の小学生・中学生・高校生
 北海道登別青嶺高等学校の生徒
 北海道登別明日中等教育学校の生徒

●注意事項
マスク着用・学校が発行する学生証または身分証明書を提示
小学生には、証明書を別途学校で配布いたします。
保護者の方は有料となりますので、市民向け優待券をご利用ください。
各施設とも別途駐車料金がかかります。(各施設間は無料循環バスを運行)

●お問合せは各施設ではなく、「登別市企画調整グループ」まで
電 話:0143-85-1122
メール:kikaku@city.noboribetsu.lg.jp

幌別中学校 行燈×刈田神社 観月祭

幌別中学校伝統の行燈。今年は学校祭の中止により、ショッピングセンターアーニスでの展示だけとなりましたが、見に行ってみると展示だけではもったいない力作。
     IMG_9075.jpg     IMG_9073.jpg

そこで急遽、10/1の観月祭で会場に設置することになりました❗️月あかりの下で輝く行燈をぜひご覧ください
      IMG_8852.jpg
当日は参拝された方にみたらし団子の振舞い、子ども達には花火の配布が行われます。どちらも数量限定ですので、お早めにご来場ください。

保育士等に5万円~3万円支給されます。

本日の補正予算審査で、登別市独自で保育所等従事者への応援給付金(慰労金)の支給予算が可決されました。

      

対象施設は、保育所、認定こども園、幼稚園、認可外保育施設、放課後児童クラブ、ファミリサポートセンター(提供会員)

支給対象者は、令和2年4月1日~5月31日までの期間、登別市内の対象施設に10日間以上勤務した方。

支給額は、週29時間以上勤務の方は5万円。それ以外の方は3万円となります。

国により医療・介護従事者への慰労金が支給される中、保育士等への慰労金がないことには私自身も疑義がありましたので、市独自での判断には強く賛同しています。

ただし、対象期間を4月1日~5月31日までとしたことには疑問があります。
    

北海道においては知事による独自の緊急事態宣言が2月28日~3月18日まで示されていたことからもわかるように、急激な新型コロナ感染拡大により、十分な情報や対策、備品が整わない中、現場が大きな影響を受けていたのは2月からです。

一概に年度で区切るのではなく、現場の実情や負担感に寄り添った判断をするべきであり、期間については再考するべきではないでしょうか。