FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

新本庁舎建設位置の見直しへ

北海道防災会議より新たな巨大地震津波浸水想定が示されたことをうけ、現庁舎位置に再築するとしていた新本庁舎の建設位置について、事実上、見直す方針が示されました。

       スクリーンショット 2021-08-05 072213

現庁舎位置で、当初の津波浸水想定は3m~4mとして計画を策定していました。その時点でも庁舎1Fが天井まで浸水すると想定されていましたが、執務継続は可能であり、周辺商業への影響も鑑みて現庁舎位置での再築が最適との方針が示されていました。

ところが、今回の見直しにより津波浸水想定高が最大5.8mとなり、これは現庁舎の2F天井部分まで浸水する高さとなりました。例えば、新庁舎1Fの天井を高くするなどして現在地での再築にこだわることも理論上は可能ですが、その分、建設コストは高まりますし、何よりも市民に不安を与えることになります。

すでに、市議会においても多くの議員から現在地での再築は不適格との指摘が相次いでいました。直近では若木議員から、庁舎そのものの機能のみならず、本庁舎周辺に配備されている公用車がすべて使用できなくなったり、周辺道路の冠水により職員の参集が不可能となる危険性も指摘されていました。

      スクリーンショット 2021-08-05 072154      スクリーンショット 2021-08-05 072132

今後行政は、防災会議による”想定外をなくす想定”の内容を市民の皆様に丁寧に説明するとともに、様々ご意見をいただいて、年内をめどに高台への建築移転方針や、具体的な移転先について正式決定していくことになります。

登別への津波被害想定

昨日、北海道防災会議(地震火山対策部会)が開催され、正式に承認されました。

添付写真資料は前回資料の(案)ですが、大きく変化はしていません。今後、北海道は市町村ごとの津波浸水予想図等の資料を公開することになり、登別市では防災計画はもちろん、各種重要施策の方針見直しが求められることになります。
スクリーンショット 2021-07-20 073638    スクリーンショット 2021-07-20 073812
登別での最大津波高は8.8~12メートル。最大津波到達時間は39~44分。浸水面積は1450ha(登別市の可住地面積は3744ha)。

市役所あたりが浸水する深さは5~10メートル未満(だいたい2階の天井以上浸水)。

地震直後に地盤が下がり海岸付近の標高が低い場所で、「水などに足が取られ避難が難しくなってくる」深さ20センチの浸水が始まる時間は31~33分

被害が想定される地震は「日本海溝モデル」→三陸・日高沖を震源地とした地震。北海道の南(日高沖)から岩手県(三陸沖)にかけての領域で起きる巨大地震で、岩手県南部で震度6強。
スクリーンショット 2021-07-20 073559    スクリーンショット 2021-07-20 074307    スクリーンショット 2021-07-20 074940

※東日本大震災を教訓に、『想定外』をなくすために、「発生頻度は極めて低いものの、発生すれば甚大な被害をもたらす」最大クラスの津波に相当する浸水予測です。

登別市の土砂災害警戒区域をご確認ください

熱海市の大規模土砂災害で被災された皆様に心よりご冥福、お見舞い申しあげます。


登別市の土砂災害警戒区域・特別警戒区域は北海道行政により229か所指定されています。
詳細な区域は北海道土砂災害警戒情報システム<リンク>をご参照ください。

登別市防災マップ<リンク>でも確認することができます。

    スクリーンショット 2021-07-06 064411

登別市の防災マップでは、、、

『登別温泉方面では1時間に約20mm以上の雨または降り始めから24時間で約200mm以上の雨のとき』
『鷲別地区では1時間に約10~15mm以上の雨または降り始めから24時間で約100mm以上の雨のとき』
『7~10日間程度、雨が降り続いたとき』
『大雨のあとに地震が起きたとき、地震の後に大雨が降ったとき』

に崖崩れが起きやすくなると注意を呼びかけています。

あらためて、お住まいやお仕事の地域の警戒区域をご確認いただき、土砂災害の前兆等についてご理解をお願いいたします。

ライターは有害ゴミへ

クリンクルセンターでの自己搬入を再開していますが、事故再発防止のため、一部分別方法が変わりました。


   
これまで燃えるゴミとしていた使い捨てライターと、燃えないゴミとしていた乾電池が、有害ゴミになります。

また、6月末で旧ゴミ袋の使用もできなくなります。今年度中であれば、クリンクルセンターにて差額調整のうえ、新ゴミ袋との交換が可能ですので、お手数ですがご協力をお願いいたします。

ゴミ袋の完全変更を前に、旧ゴミ袋を使い切るために大掃除などをされている家庭もいらっしゃるかと思います。それと同時に分別が十分ではなく、ステーションに回収されていないゴミが増えている地区もあるようです。

分別が十分でないと、収集車や処理場の事故にもつながりやすく大変危険ですので、お気をつけください。

ちなみに、先日の粉塵爆発事故にともなう改修費用には約2100万円を要しました。

共に寄り添う社会づくりへ

性的マイノリティに対する社会的課題の理解を深めるフォーラムを開催します。

コロナ禍で開催を見送っていましたが、ようやく実現します。
       

今春に同性婚訴訟にて違憲判決を得た、原告代理人の加藤丈晴弁護士を講師にお迎えし、パートナーシップ制度について考えます。

第2部では、さらに当地地域にお住まいの当事者の方、登別市長をお招きし、公開討論会も行います。
私たちの身近に社会的課題があることを考える機会になれば幸いです。

性的マイノリティに関する政策を推進しようとすると、「社会の理解がもう少しすすめば」「~~といったリスクがある」などの議論をよく耳にしますが、それは社会が抱えるルールの不備でしかなく、現に社会的排除の状態にあるマイノリティの方々に寄り添った言葉ではありません。

私たちは無自覚にマイノリティを排除していることに気がつくべきです。いま、何が出来るか。何を、考えていくべきか。どんな、未来をつくるべきか🤔

お申込は、氏名・住所・電話orメール・ご所属をメール・FAX、または私に直接コメント・SNSダイレクトメッセージ等でお知らせください。中高生の方のご参加も大歓迎です!