fc2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

議会事務職員提案規程

全道初の規定が登別市議会で制定されました。全道報道もされたこともあり、道内各地からお問い合わせを受けています。本規定は、議会事務職職員の持つ、行政事務に対する専門性を議会運営に活かす仕組みとして立案しました。

実は、地方自治研究者からの評判はあまり良くありません。その概要的な理由には、議会事務局職員を執行部から切り離して、議会専従・専門職員化にするよう目指すべきとの議論が十数年続いていることが背景にあります。

そのような目標がある中において、本規定は「甘い」とのご評価をされているだと思います。あるいは、議会事務局職員の「行政事務」に対する専門性を活かしたいとの考えに疑義があるのかもしれません。

確かに、本来は「行政事務の専門性」ではなく、「議会事務の専門性」を発揮していただくように目指していくべきことだとは思いますが、現状においては数年で市執行部職員として入れ替わる事務職職員さんの能力や技術を活かしていくことを優先して考えた結果、本規定の制定に至りました。
     IMG_3365.jpg

議員と事務局職員の関係性はそれぞれの議会によって温度差がありますが、その多くは、議員の”補助”や”補佐”的立場との意識が強い中で運営されているのが実情です。

私がめざす議会運営は、議会事務職員と議員それぞれが、それぞれの立場や専門性を発揮し、議会組織全体の機能を強化していくことにあります。

つまり、議員の欠けているところを補足する立場ではなく、議会組織のステークホルダーに事務局職員もいるとの意識関係を築いていきたいと考えています。

地方議会の存在意義がとわれる現代のおいて、住民福祉の向上に対する”想い”だけでは議会の価値は高まりません。あくまでも成果主義にこだわってこそ、議会価値は見出されます。

そのためには、議員による政治思考や知識経験だけではなく、行政事務のプロ集団である事務局職員の専門性が加わっていくことが不可欠です。

既定の目的には「市議会議員との協働による議会運営を実現することで、市議会全体の政策形成能力を向上する」との条文があります。この“協働”という言葉にこそ、本規定の意義が込められています。

本規定そのものがこれから実務的な成果をどこまで出せるかは未知数です。しかしながら、議員も事務局職員も互いに、「補助」から「協働」へと意識改革する第一歩となることを目指しています。

↓登別市議会議会事務局職員提案規程本文

続きを読む

定例議会での議会質問が始まります

6月21日(月)より市議会一般質問(議員個々が政策提言や課題提起などを行う場)が行われます。

●各日13時~
     スクリーンショット 2021-06-20 074255

興味のあるテーマや、応援されている議員さんがいらっしゃいましたら、ぜひ市役所2F議場にお越しください。
私も議長として初めての議事進行です。

登別市議会は議員も市職員側も比較的自由に討議することができる議会ですので、その分、議論が脱線しないように整理していくことが難しいです。。。

新型コロナワクチンに関する質問がありませんが、議員の問題認識がないというわけではありません。

登別市議会では市民へのワクチン接種がより効率的に行われるように、議員個々からの課題提起は控え、市議会全体として生活福祉委員会が中心となって調査・課題提起等に取り組むこととするよう、議員の皆さんにご協力いただいています。

議会BCP策定

道内市議会では初となる、議会業務継続計画(BCP)を策定しました。
     fc2blog_20200325080513c10.jpg

BCPとは、もともとは企業活動において、自然災害などの緊急事態に遭遇した場合において、損害を最小限にしつつ、主要な事業の継続や早期回復をはかるために、平常時から、事業継続のための方法などを取り決めておく計画のことです。

災害時等において市行政は災害支援や復興にあたりますが、議決機関である議会自体は、その役割をどのように発揮していくかが課題になっています。議会は住民自治の根幹であるからこそ、緊急事態においても住民意思が反映されるための仕組みづくりとして、BCPを作成させていただきました。

いわば、議会の内部規定を作成したものですから、直接的に住民皆様の利益には繋がりづらいものながら、改めて緊急事態における議会の在り方について議論する良い機会ともなりました。

議会BCP策定は全国的に広がりをみせているものの、自治法・会議規則等との関係性について整理がついていない事例や、議会BCPそのものが仕組みとして抱える課題も多くあります。今回策定した登別市議会BCPも策定したばかりではありますが、これからも常に少しづつ改善していく必要がありそうです。

カントレラ体育館の廃止

議会委員会が開催され、のぼりべつ文化交流館(カントレラ)条例の改正について議論が行われました。結果、体育館貸館の廃止が可決されました。

これまで、墨象や空手大会、よさこいやバトンチームの練習などにご活用いただいていましたが、昨年の強風・豪雨により屋根は損壊し、深刻な雨漏りが生じてしまったことによる貸館利用廃止となります。

カントレラはその当初の目的のみならず、文化・芸術活動の拠点ともなりえる可能性をもった施設へと成長してきています。体育館廃止後も、本館を中心に文化・芸術活動が活発に行われるよう、代替措置の必要性を提案しました。

体育館廃止後も墨象活動が継続できるよう、壁が墨で汚れないようにするなどの対応がとられることになりました。

カントレラは耐震工事も行われておらず、老朽化の進行とともに廃止となる可能性が高い施設です。メンテナンス等を講じながら少しでも長く使用できるようにするとともに、文化・芸術活動の拠点として施設価値が高まっていけるように、私自身も行動してまいります。

議会フォーラム2019

今年度も議会フォーラムを開催させていただきます。
       IMG_3733.jpg     IMG_3734.jpg

今年で13回目となります。各委員会が今年度の重点活動テーマとして掲げている内容を中心にご意見をいただくことになりますが、自由にご意見をいただくこともできますので、議会に物申していただける方、ぜひともご参画をいただけると幸いです。

特に今年は、春の統一地方選挙で初当選した議員の方々を知っていただく良い機会だとも思っています。もしくは、投票された議員の方がどのような考えや行動をされているのか、感じていただく場にもなるのではないでしょうか。

日時:令和元年10月26日(土)
10:00~婦人センターor富久寿園/13:00~労働福祉センターor鷲別公民館


皆さんのおこしをお待ちしております。

ちなみに、今回は議会としての意見交換の場ですが、議員個々の活動としてはフォーラムに限らず、ご意見をいただける機会ございましたら、どなたでも、どこでもお伺いさせていただきますので、お声がけをいただけると嬉しいです。