Entries

ストレスチェック実施者

私が実務で使用する機会は少ないかもしれませんが、「ストレス実施者養成研修」を受講してきました。
       H27ストレスチェック従事者研修修了書

労働安全衛生法の改正に伴い、平成27年12月1日~常時使用する労働者を50人以上抱えた事業所は、労働者の心理的負担の程度を図るための検査(ストレスチェック)を毎年実施することが義務付けられるようになります。私は法定研修を修了した精神保健福祉士として、ストレスチェックや分析等を行える者ということになります。

ストレスチェック制度とは、簡単に言えば、雇用主に義務付けられている健康診断に、精神的負担の程度についても取り組んでいく必要があるとの趣旨になります。その他にも、残業時間数に応じて医師面接が義務付けられるなどの取組みも始まります。

ストレスチェック義務付けの事業所は50人以上の労働者を抱える事業所ですので、市内において対象となる事業所は少ないと思います。しかしながら、労働者が過重労働を原因としたうつ病を発症した場合などにおいて、事業者の安全配慮義務違反を問われる事例は増えてきています。このことから、労働安全衛生法等の視点からすれば、50人以下の事業所においても労働者の心の健康を維持する必要性は高まってきています。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/1004-d7b413d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR