登別市議会議員 辻󠄀ひろし

熊本へ63名の隊員が出発

今朝、登別市にあります北部方面隊 幌別駐屯地より63名の隊員、重機車両28台が災害派遣隊を編成して出発しました。小樽港から舞鶴港を経て、陸路で熊本に向かいます。700㎞以上の陸路を移動することになりますので、相当の負担もあろうかと思いますが、現地での活動含め、安全を願うばかりです。

今後の災害状況や、復興支援活動などにおいては派遣隊員の更なる増員の可能性もあるそうです。
      H28熊本派遣2       H28熊本派遣2      H28熊本派遣3

派遣隊員の中には、今年度入隊したばかりの方もいらっしゃいます。また、見送りのご家族の中には、小さな赤ちゃんを連れている方もいらっしゃいます。隊員もご家族も、笑顔で手を振り、出発します。

防衛を職務としながらも、災害派遣に当然と誇りを持って向かい、見送る姿には、いつも敬うべき尊さを感じます。

隊員の方々はもちろん、帰りを待つご家族は、登別市民でもあります。報道などで姿をみる自衛隊員の方々にはもちろんですが、帰りを待つご家族の方々のお支えにも、市民皆様から心を向けて下さることをお願い申し上げます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック