fc2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

新年会

新年会にお声をかけていただける機会が多く、先週末から、町内会や商工会の新年会、消防後援会による出初式後の慰労会などに出席していました。

     

登別市消防出初式では、行列行進の後、勤続表彰が行なわれました。昨年、消防訓練大会で優勝した登別分団からは10年勤続に4名が表彰されました。他の分団には20年・30年表彰と続く方もおり、私の年齢26歳からみても尊敬いたします。

        
 
その後の慰労会でも、登別分団で作成した防災マップが紹介されました。防災協力員名簿から、備蓄量や車両・機器数など、地元だからこそ把握できる細かなデータが掲載されていました。

私が初めて一般質問したのは防災に関することでした。主に、高齢の方・障害のある方・妊婦・乳幼児などへの防災対策についてでしたが、質問時に地元ごとの防災マップについても詳しく調査すれば、もっと具体的な質問も出来たと思います。

ウタリ協会登別支部の新年会(アシリパノミ)にも出席しました。

        


カムイノミ(神に祈る)にも同席させていただき、礼拝作法なども教えていただきました。車で参加したので、残念ながら酒は飲めませんでしたが、どぶろくの様で、少し甘い香りがしました。アルコール度数はかなり高いそうです。

昆布を揚げて挽いたものをつけた“シト”など、文化料理も戴くことができ、とても貴重な体験を得ました。

協会の方からは、アイヌ文化資料の保存・公開の方法、知里幸恵さんに関する想いを直接お聞きする機会でもありました。行政からの協力のあり方についてもいくつかの意見があり、まずは登別市におけるアイヌ文化について学ぶ必要があると感じました。

鉄南ふれあいセンター2階のウタリ協会登別支部事務所横には資料室があり、今度改めて伺い、教授いただこうと思います。

新人の私にとって、忘年会や新年会は学ぶ場でもあり、参加を呼びかけてくださることに感謝しています。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック