Entries

災害緊急時用段ボールベッド

王子コンテナー㈱様の釧路工場を見学させていただく機会をいただきました。

段ボールの原紙から加工まで一貫製造されている工場です。一口に段ボールといっても、用途によって様々な加工や印刷が施されており、包装資材として日々進歩している内容に驚きます。

見学の中で特に興味深かったのは、企業の社会貢献の観点から開発された「災害緊急時用段ボールベッド」です。熊本地震の避難所でも、段ボールベッドが一部導入されているのを拝見していましたので、その実用性を確認してみたかったところです。
      H28ボールベッド2      H28ボールベッド1

この段ボールベッドの開発過程においては釧路市が監修を行い、釧路市での実用訓練を経て、道内各自治体にも販売提供されています。北海道のように冬期間のみならず朝晩の冷え込みがある地域においては、その保温効果だけでも有用性が高いのではないでしょうか。
      H28ボールベッド4      H28ボールベッド6

      H28ボールベッド3      H28ボールベッド5

高齢者の立ち上がりが楽なことや、医療保険従事者による健診などの際にも処置がしやすいだろうと感じました。

すべて1箱に収められており、1セットの重量は23㎏。保管時寸法950×260×690(㎜)。組み立て時で1950×870×400(㎜)。隣と視覚を遮る衝立も設置可能で、組み立て解体後も使えるように、ガムテ―プを何度も脱着できる加工がされています。現在のところは行政向け販売のみですが、価格は1セット4500円程度。

登別市では、過去におこなった議会質問への答弁として「福祉避難所」の設置について検討が進められることになっています。実際、検討が進展したには乏しい様子ですが、このような災害時弱者に対応した必要設備についても、検証が必要です。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/1050-b3f115f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR