登別市議会議員 辻󠄀ひろし

登別ひろしTV 声なき自殺

ひろしTVを掲載しました。

「自殺者対策」について。市内で毎年約10名の方が自殺でなくなっています。全国・道内動向と比較すると、男性の若年層の自殺率が高くなっています。また、全国的に自殺者数は減少傾向にあり、自殺者「数」だけを一見すると登別市も減少傾向にありますが、全国トレンドとの比較では減少傾向に弱く、過去10年の標準化死亡比という指標で比較すると、増加傾向にあることがわかりました。

若者が自殺でなくなる実態について、全体的な数値の中では注目されづらいですが、道内・全国動向と比較すると、市内の潜在的課題がみえてきます。

誰からも注目されることなく、声を出すこともできず、社会の中で孤独になっている方が、確かにそこに存在するのではないでしょうか?

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック