FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

第31回 つけものフェスティバル

31年目のつけものフェスティバルに参加してきました。

開始当初は登別市教育委員会主催で企画され、現在は消費者協会の方々が中心となって、実行委員会を運営・実施されています。

     開会式から熱気を感じます。

作品条件は、添加物・着色料不使用、惣菜・飯寿司は対象外となっています。

部門は「かすづけ」「かすみそづけ」「さかなづけ」「ぬかづけ」「玄米づけ」「アイデアAづけ(1週間以上漬け)」「アイデアBづけ(1週間以内漬け)」です。

出品は事前申込み不要で、当日の10時まで受付でした。

     30名以上の審査員による試食

     表彰式

     受賞作品

今回の受賞者の中には、31年間、続けて参加されている方もいました。

さすが、皆さん自信をもって出品されているだけあって、失礼ながら予想以上のおいしさです。

私はアイデアBづけ部門が好みにあっているようで、“きゅうりのしょうゆ漬け”“柿づけ”がとってもおいしかったです。

31年間続けて、100品近い出品が続くこのイベントは、市の大きなPR要素だと思います。市外の関心も大きいようで、テレビ局の取材もありましたし、“グルメコンテスト”類のイベントは全国的に増えてきています。

もし、市民の関心がもっと高まれば、土日開催などで稼動層・若年層も参加しやすくなればいいなと考えていました。




    


今日は鏡開きです。お汁粉を食べました。

以前はトンカチで餅を叩いていた記憶がありますが、最近は鏡餅型の容器の中が切り餅になっており、叩かずにすみました。


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック