Entries

18歳投票率51.17%

今月の「辻ひろしとみんなの語り場」も無事に終わりました。

今月は、「若者の政治参加について」をテーマに語り合い。先週末に終えた参議院議員選挙は、18歳選挙権引下げ後、初の全国選挙として注目されました。

総務省からは、18・19歳と全体の投票率速報値が発表されています。それをみると、18歳の投票率は51.17%、19歳の投票率は39.66%、18・19歳を合わせた10代の投票率は45.45%となっています。今回の速報は18・19歳だけで、まだ他世代の世代別投票率が出ていないため、2013年の前回の参院選の世代別投票率と比較したグラフを作成しました。

18歳の投票率は40代なみ、19歳の投票率は20代の投票率を超え、10代の投票率は30代の投票率超えという結果になりました。
       2016参議投票率速報
私の感想としては、予想以上に高い投票率であったと思っています。当初は、18・19歳の投票率が平均を上回らない限り全体の投票率は下がらざるを得ないと予想していただけに、投票「率」を低下させることなく、投票者「数」を増やしたことは、評価できるのではないでしょうか。

特に、18歳の投票率が高かった背景には、高校等で選挙教育が実施された効果もあるのではないかと想像されます。戦後、若者の投票率が一定程度確保されていた背景には、大学の進学率が高まるに従い、大学での政治的教養を育む教育の効果があったといわれています。

その後、大学内での政治論争が激しくなったり、、政治へのネガティブな印象が強まったこともあり、高等教育機関として政治に係る教育は積極的に行われなくなりました。

今回の選挙結果を受けて、今後、高校での選挙教育が果たす役割の高さも見えてきたのではないでしょうか。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/1072-dcbd29a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR