Entries

メルトタワー建て替え=クリンクルセンター廃止?

ある事業について、いくつかの自治体が一緒に取り組む手法として「広域連合」というものがあります。市町村合併は、行政区域そのものを一緒にすることになりますが、広域連合は事業毎(消防や水道、保険、電算など)にスケールメリットを活かした取組みができます。登別市も「西いぶり広域連合」を組織して、保険や税務などの際に必要な電算処理システムを広域行政で担っています。

広域連合は単に行政事務機能を担うためだけに存在するではなく、各自治体代表の議員により「広域連合議会」が構成され、政策決定をされています。その中に、私も代表議員として所属しています。

さて、登別市を除く2市3町では「メルトタワー」と呼ばれる廃棄物処理施設を運営しています。登別市の場合は、「クリンクルセンター」を建設して直ぐであったことから、廃棄物処理の共同運用には参加していませんでした。

しかし、このメルトタワーは平成15年稼働後、不具合が多発していることからランニングコストが増大しており、今後の運用方針をどうするかが課題となっています。そのような中、昨日の広域連合議会でメルトタワーを施設更新(建て替え)することを今後の整備方針として提案されました。

これから3~4年程度かけて議論を本格化させていくことになりますが、メルトタワーを建て替えるとなれば、平成12年から共用開始している登別市のクリンクルセンターもどうするべきか、白老町と共に考えていく必要があります。白老町にしてみれば、苫小牧市との協議も視野にいれることになるかもしれません。

今のメルトタワーとクリンクルセンターの距離は約25㎞離れています。単純に「ゴミを運ぶコストが大変じゃないのかな?」と思いますが、建設・ランニングコストを考えれば、それでも共同運用のメリットはありそうです。

クリンクルセンターは現状、新メルトタワー着工想定の5年後以降も使用することは可能とされています。しかし、その後数年後には建て替えの必要性が必ず出てきます。難しい判断が予想されますが、まずはクリンクルセンターについての丁寧な調査を行っていくことが、登別市に重要な準備となりそうです。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/1111-6432db60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR