Entries

「生きる」を支える地域づくり

のぼりべつ生活支援者勉強会主催で行った、「自殺予防研修~「生きる」を支える地域づくり~」にたくさんの方々がご出席いただきました。ありがとうございます。
      H2903生活支援者勉強会

本勉強会は所属団体等にとらわれることなく、広くだれでも参加ができる勉強会としているかわりに、会費や助成金もなく運営されていますので、毎回参加費が500円程度かかってしまいます。また、現場の方々が中心になっていることから、平日夜開催となることが多い上に、今回は年度末にも関わらず、みなさん積極的に参加してくださり本当にありがたいです。

札幌市立大学看護学部 守村洋 先生は、自殺予防にかかわる研究を早くから取り組まれていた方です。元々は現場看護師として従事されていたことから、今回の講演内容も実践的でわかりやすいものでした。特に、自殺企図と自傷行為の見極め、地域や専門職による役割分担と連携の在り方に対するご提言は、今後の活動に活かしていけるのではないでしょうか。

何度も言い続けていることですが、自殺の問題は、この登別の地域で声を上げることもできずに今悩んでいる方々がいるにも関わらず、当事者団体もおらず、報道されることもなく、社会的タブーとされ続けてきています。登別市の人口に対して、毎年10名の方々がなくなっている現実に対して、より実践的で効果ある取組みを強めていくべきではないでしょうか。

今回の研修をきっかけに、「生きる」を支える地域づくりに向けて、新たな取り組みへと踏み出していきたいと思います。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/1139-b3bd37bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR