FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

議会中継検討中・・・

議会中継検討に関する小委員会が行なわれました。

これまでも、日本工学院北海道専門学校教員の方や、市内有識者からのご意見を伺ったり、業者からのプレゼンなどを受けながら、検討を重ねています。

今回は、市の情報推進グループ職員の方にご協力いただき、インターネットでの動画配信のあり方などについて話し合ったり、別業者からの説明を受けたりしました。

本議会中継だけでなく、委員会中継や委員会活動報告なども動画配信出来ないかを検討していますが、せっかくシステムづくりをするのであれば、議会だけでなく、市で行なう防災実働訓練の様子や市のPRなど、総合的な情報公開・提供の媒体としての活用方法がないかも探っています。

受付窓口の混雑状況や温泉街の様子(服装など)、学芸会の映像の配信など、アイデアはありますが、個人の顔が映ることへの問題もあります。又、議会中継自体も、正式な議事録とは異なってきますので、録画放送を提供する際には一定のルールづくりが必要になってくると思われます。

ちなみに、市職員のご協力で説明を受けた業者の“おおまかな”見積もりは、初年度740万・以降200万/年(機器レンタル・運営委託)程度(5年間で約300万/年)でした。

値段が業者によって大幅に違うことに驚きです。あまりにも、費用がかかるようであれば、手作りで中継システムをつくることも考えていますが、業者の説明を受ける限りでは、手作りにはやはり問題点が多そうです。操作をする市職員の技量や、保守費用などを考えると、手作りだと返ってコストが増えると思われます。

     カメラ(360度方向)

 カメラ映像

     操作パネル。タッチパネルで、議員名を押すとカメラが自動的に議員にピントを合わせ、議員名などのテロップが入ります。


今回の業者は、以前に東京で参加した研修会でも紹介されており、特に機器の操作性に優れていました。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック