FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

40年間で40%の削減

平成29年第2回定例会での議会質問を終えました。

高齢交通弱者への支援策についてと、公共施設全般の今後の方針についてを中心に質問いたしました。

公共施設整備については、学校や市庁舎、消防など全体を網羅した質問をおこないました。多くの施設において「老朽化」の課題は共通しているものの、ほとんどの場合、議論は先送りになっており、行政としての具体的な方針は示せていない状況にあります。

市が定めた「公共施設等管理計画」では、平成28年~平成67年の計画期間において、現公共施設延床面積から40%の縮減を目指しています。40年間という、あまりにも長い計画期間の設定であるとともに、40%縮減の実現に向けた具体的な個別目標の設定もなされていないことから、計画の実行性には疑問があります。
      H29公共施設築年数
今後、各施設や分野ごとに、40%縮減にむけた個別目標を含めた具体的な方針を示していくことを求めました。


その他、質問に伴う主な結果は、、、

●本年8月に官民による「地域公共交通のあり方を検討する場」を設置し、交通弱者への支援策を協議していく。

●社会福祉協議会による「地域拠点丸ごと支えあい事業」を地域の多様な主体による交通弱者支援策と理解し、行政も関わりを意識していく。

●栄町保育所の民営化の基本方針を平成29年度中に策定していく。

●老朽化し、耐震基準に乏しく衛生管理基準にも十分に合致していない給食センターの建替えについて、早急に議論をすすめていく。

●本年秋までに、市役所本庁舎建替えに係る方針を示し、その際に公共施設全般の優先順位についても整理するとともに、明示していく。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック