FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

2017 わくわく広場登別@プログラム

定例議会も閉会し、いよいよ夏のイベントシーズンに本格突入です!

私の居住地近くのイベントとしては、最も力を入れている「2017 わくわく広場のぼりべつ」のプログラムが完成しました。
今年も、マリンパークニクス城前の鬼花火に、芝上プロレスへの女子プロレスラー参戦など、盛りだくさんな内容になっています。

7月8日(土)12時~21時
7月9日(日)9時~17時


      2017プログラム表

      2017プログラム裏
※クリックで大きくなります。

登別マリンパーク二クスさん特別協賛により、イベント2日間のみの半額入場券付前売り券(1000円)も販売中です。ご希望の方はコメント等で辻までご連絡下さい。ぜひ、たくさんのご来場をお待ちしております~!

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

地域行事への参加ご苦労様です

辻議員、議員活動お疲れ様です。
5月にクリンクルセンターについて、
投稿したものですが、どうしても、
市の考えに共感できず、住民説明会にも参加し、
パブリックコメントも提出いたしました。
パブリックコメントに市からの回答がございましたが、
とても納得できるものではありませんでした。
辻議員にもパブリックコメントとそれに対する回答を、
読んでいただければ幸いです。

新聞報道で、クリンクルセンターの方向性を検討する委員会(?)がパブリックコメントの〆切の翌日くらいに開かれて、
満場一致で市の方針(あるいは市長の方針でしょうか?)を支持するというのを知り、愕然としました。
これは最近国政で話題になってる「忖度問題」と本質は同じではないでしょうか?

一市民としてはもうこれ以上の行動は難しいので、後は市民を代表する市議の方々にお願いするしかありません。
真に必要な情報を市民(特に若い世代の方々)に提供し、クリンクルセンターの方向性について、判断できるような状況を、
是非作っていただきたいと願っています。

登別市民 | URL | 2017-07-10 (Mon) 16:19 [編集 ]


Re: 地域行事への参加ご苦労様です

コメントありがとうございます。
パブリックコメントと返答についても読ませていただきました。

今回の判断について私は、かなりきわどい判断でもあったと思っています。広域に参加しないことによる財政的なデメリットは長期的にみれば大きなものですが、短期的にみればむしろ広域に参加したほうがデメリットが大きいなど、細かに見ていくとどちらの判断にも一長一短があります。

また、既存の広域自治体からの批判的な意見についても記事を通じて拝見いたしましたが、登別市・白老町が参加した場合にのみ利用できる起債に対するメリットが得られなかったことへの不満も見え隠れする中、それらの情報は市民に提供されていませんので、報道内容だけでは伝わりづらい面もあろうかと思います。

いずれにせよ、本案件の一番の問題点は、議論の時間が短く、市民論議を深める時間を十分にとれなかったことにあります。メルトタワーの建替え方針を決めるにあたり、既存の広域自治体のみで議論してきたことも原因の一つです。登別市としては、示された短い時間で方針を決めていったことになりますが、結果的に貴氏をはじめとする市民の方々の不振につながったことは、反省すべきことでもあります。

私自身は議会の一般質問と呼ばれる場で2回ほど本テーマを取り上げる中で、論点を整理し、明らかにするようにしてきました。それらの中で見えてきたメリット、デメリットもありますので、もし、貴氏がお時間をつくっていただけるのであれば、一度お会いして直接ご説明するとともに、ご意見をいただけると幸いです。

ご検討の程、よろしくお願いいたします。

辻󠄀ひろし | URL | 2017-07-11 (Tue) 13:55 [編集 ]


 

トラックバック