FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

イベントの価値

第6回のぼりべつ夏祭りが無事に終了しました。特に土曜日は天気予報に反して晴天だったこともあり、沢山の方々にご来場いただきました。
     H30夏祭り05     H30夏祭り03

今回のイベントをお手伝いさせていただいていて感じた事ですが、本当にたくさんの方々が一生懸命、互いに支え合いながらイベントを形づくっています。

その苦労は並大抵ではありませんが、イベント当日に楽しんでいただけた市民の多くは気付くこともないのに、早朝から夜中まで影で行動をされている方々がたくさんいました。日本工学院の学生の方々は、登別の地に進学をしたご縁だけで、泥まみれになってくれていました。
     H30夏祭り02     H30夏祭り01

大人達は、仕事の為の枠を大きく超えて、楽しみながら、あるいは黙々と、それぞれの役割をもって行動されていました。

その原動力が何かは人それぞれかもしれませんが、その多くは、目の前の人と人との繋がりであるように感じました。誰も排除することなく、様々な人を包摂することで、集う人同士が互い感謝を感じながら、自身が繋がっている人の為に行動をしていたように感じます。

高尚な目的を掲げがちなマチづくりですが、誰かのために行動する力を集めることが、元来のマチづくりの目的であるように思います。

マチづくり談義において時々、「単発のイベントをやっても何も残らない」といったご批判も聞きますが、大小関わらずこういったイベントを通じて、力が集まる環境が続くことで、自然と登別というマチの未来が強く形づくられていくのではないでしょうか。

     H30夏祭り06     H30夏祭り04

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック