FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

市役所本庁舎 次年度は基本計画策定へ

平成29年度決算審査がすべて可決され終了しました。

行政による財政が適正であったか審査するものですが、ちょうど同時期に行政組織内では次年度(平成31年度)予算に向けた内部ヒアリング等が行われる時期と重なります。そのため私の場合は、適正さをチェックすることはもちろんですが、次年度にむけた政策の方向性を確認したり、提案する場としても活用させていただいています。

H29決算審査

各種分野にわたり、全部で15項目の質問をさせていただきました。質疑により、行政方針が示されたり、提案が受け入れられた主な内容は下記の通りです、、、、

●給食センターの老朽化は著しく、建て替えが必要なことは認識している。今後、室蘭市との広域連携による更新整備ができないか検討する。

●市役所本庁舎の建替えの最長期間を2023年度までに建替え完了とする考えに変更はない(市長発言)。次年度は基本計画を策定するための支援業務委託費を予算に盛り込む。

●総合相談支援センターを基幹型相談支援センターに格上げ指定するべく、必要な予算確保にむけて準備を進める。

●健康診査の内、北海道・全国平均よりも受診率が大きく低い検診については、その原因を調査し、検診の実施回数を増やす等、改善に向けて更なる取組みを行っていく。

●赤字路線バスへの補助金の解消に向けて、デマンド運行などコミュニティー交通のあり方についての検討を行う。

●ホッキの空貝処分のための補助金について、今後、ホッキ貝のみならず駆除対象水産業廃棄物全般が対象となるように事業対象の変更を検討していく。

●空家等対策特別措置法に基づく、特定空家の認定を12件行い、11件に行政指導を実施。今後、指導に応じない案件には勧告や命令を行うことも検討される。代執行の可能性はあるが、その執行にあたっては慎重に進めたい。

●市民会館は文化施設としての機能とともに、指定避難所としても重要な施設であることを踏まえ、必要な整備を実施していく。胆振東部地震による大規模停電時に発生した断水はオイルギアポンプの仕組みに問題があり、解消にむけて配線工事を行う準備を進めている。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック