FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

観光客へのアイヌ文化にかかわる情報発信強化へ

議会質問を終えました。

1件目はアイヌ新法施行を受けての施策展開について質問。

アイヌ民族の誇りを尊重し、共生社会の実現を目指すべく制定されたアイヌ新法は、従来の福祉や文化施策のみならず、地域振興を含む総合政策としての取組みを推進していく根拠法としても位置付けられることになります。登別市においても本法施行を受けて、白老町との広域的連携を視野に含めた、具体的な施策展開が、観光産業を中心に、より重要になってくると考えられます。

ただし、ウポポイ開設に伴い、期待されるだけの観光誘客が成された場合、民業による経済活動にすべてをゆだねてしまうと、アイヌ文化に関わる正しい知識の普及が軽視され、場合によっては 民族としての誇りが損なわれる事案が発生することが危惧されます。

登別市においては、積極的に同法を活用することで、単なる観光振興策に留まらず、共生政策としての倫理を持ち合わせた アイヌ施策の推進が図られることが重要になると考え、質問いたしました。

結果、新法に基づくアイヌ施策推進地域計画の策定にむけて関係団体、事業者との協議を前倒しで進めていく考えが示されました。交付金の申請についても積極的な姿勢が説明されました。また、交付金のターゲットとしては、アイヌ文化の普及に努め、広く理解を深めるために、「観光客への情報発信を強化する仕組みづくり」に活用していきたい考えが示されています。さらに具体的な事業内容については、近日中に示されることになりそうです。


2件目は、犯罪に対する危機管理体制を質問。

令和元年6月7日金曜日、市内で男女間の揉め事による殺人未遂事件が発生し、そのまま加害者が逃走する事案がありました。その際の住民との情報共有の在り方や、危機管理に対する事前協議の不十分さを指摘しています。昨年の2月にも、地域の安全・安心に不安を与える事案が起きたことを挙げ、事後検証を強く求めました、

結果、市長自身より事後検証を行っていなかったことが明らかにされ、早急に、犯罪や事件に対してもどのように危機管理を行い、住民との適切な情報伝達を行っていくべきかを検証していく考えが示されました。

この案件については、今後も具体的にどのような協議が図られたのか引き続き確認を続けていきたいと考えています。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック