FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

旧絵鞆小学校をめぐる住民自治

令和元年最後となる議会質問日が決まりました。私は11番目となる、令和元年12月12日14:30頃~質問をさせていただきます。

今回の質問内容は下記のとおりとなっております。火災により利用が休止となった幌別児童館や、強風被害により雨漏りが深刻なカントレラ体育館、新消防支署供用開始後の温泉・登別の消防分団詰め所、市役所本庁舎建替えの延期方針に対する見解などを確認させていただきます。また、来年度には個別施設計画と呼ばれる、各公共施設の将来方針にかかわる計画を策定していく予定であることから、これを機に公共施設の在り方について市民と論議し、合意形成を図りながら進めていくべきとの質問をさせていただきます。

市政施行50周年を迎えるにあたり、公共施設も多くは建築後50年を経過して老朽化しています。人口減少にともない、公共施設は集約化していく方向にあります。しかし、将来の在り方や、現状について、行政が数値からの判断により一方的に方針を定めていくことは、住民自治の不在であり、市民が自分事として考える機会を奪ってしまうことになります。将来の子ども達に何を残し、何を残さざるべきか、私たちが真剣に考えていけるように、市民に情報を細やかに公開説明するとともに、住民議論のステージをつくるべきと私は考えています。

その点において、お隣の室蘭市での旧絵鞆小学校を取り巻く一連の住民自治活動は、登別市においても公共施設マネジメントをどのように進めていくべきか、考えるきっかけをくれているのではないでしょうか。

●質問通告(あらかじめ質問する内容の項目を行政に知らせること)の内容
(1)公共施設整備方針における地域別方針の進捗および変化のある事案の状況と具体的な対応方針について。
(2)設備・人員配置を含む消防行政にかかる方針について。
(3)JR登別駅エレベーター設置にかかるJR北海道との協議状況と、設置にむけた事業スケジュール(財源と支出計画含む)について。
(4)市役所本庁舎建て替えに向けた当初のスケジュールを断念した経緯と、今後の説明姿勢に対する考えについて。
(5)個別施設計画の策定状況や今後策定する計画のフォーマットなどの概要と策定意義について。
(6)個別施設計画の策定過程において、住民への十分な情報提供と行うとともに、住民参画のもと協議と合意形成を図っていくことへの考えについて。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック