FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

ふるさと納税10億円!?

補正予算審査を終えました。毎年この時期に行われる補正予算審査は、年度当初の予算に対して、収入の増減や、支出の増減を明らかにするために行われ、“2月補正”と呼ばれることが多いです。

私からの主な質疑は以下のとおりです。
●ふるさと納税について
当初3億円の予算に対して、予想よりも多くの寄付が得られたため、最終予算を7億円に増額。寄付が増えた主な理由として、昨年11月にポータルサイト「楽天ふるさと納税」での受付を開始したことで、1億8千万円が新たに寄付されました。返礼品では、ウニが好評でした。
 これにより、返礼品購入費等の経費である約2億8700万円を支出した残りを、「ふるさと応援基金積立金(2億800万円)」、「庁舎整備基金積立金(1億2300万円)」に積み立てることが出来ました。
 一方で、急激に寄付が増えたことで、市職員の事務負担も大きくなったことから、次年度からは寄付金受領証明書の発送等、一部事務を業務委託することとしました。ちなみに、令和2年度は更に増額で10億円の寄付を見込んだ予算案となっています。

●業務委託の入札制度について
本庁舎建設基本計画策定事業費が予算18,630,000円に対して、8,620万円に減額されました。指名競争入札の結果ではありますが、予算額の半額を下回る落札結果は、予算根拠となる参考見積や、内容詳細を示した仕様書、あるいは成果物となる計画の妥当性に、疑義が生じる恐れがあると指摘しています。
今後、その後の公共工事につながるような測量や、調査及び設計といった業務委託については、最低制限価格制度(一定額未満の入札を失格とする制度)の導入を検討することとなりました。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック