FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

融資制度に加えた市独自の支援策を求めています

新型コロナウイルス感染拡大対策にかかわる一般質問を終えました。今回は、関心をもっていただける方も多いテーマでしたので、議会中継をご覧いただいた方も多かったようで、励みになりました。

この2週間、様々な市民や企業等へ聞き取りをさせていただく中で、自身の無力さを痛感する日々を送っていますが、かならずやってくる感染終息期に向けて、情報収集はもちろん、どこよりも早く、経済と生活の再生に向けて正確な政策展開が出来るように議論を行いました。

観光対策については、風評被害等が発生しないための具体的な対策案や戦略を探っていくことになりました。また、入湯税を財源とする基金についても、年度当初予算によらず柔軟な運用と大胆な支出を速やかに行えるよう求めています。

飲食店、人材派遣、ビルメンテナンス、運送業などの経営者支援については、現在国が示している融資制度に対して、利子分を市行政で助成できないか協議されることになりました。

また、パートや留学生、非正規雇用の方々の雇用状態が悪化している現状に対して、聞き取り調査を行うとともに、今後、公共料金未払いや、生活福祉資金などの福祉制度の利用者が増える可能性を踏まえ、孤立する市民が生じないよう、部署間の連携が強化されることになりました。

子どもの学習環境については、分散登校の活用や、課題の郵送などによる対応が行われていますが、今後、ICTを活用して自宅学習できるよう、保護者向けの研修会の開催を提案しています。

給食費については、3月分は返金される予定となっています。急な休校措置により一部給食材料の廃棄が生じてしまいましたが、今後は急な休校等の際にも食材廃棄を最小限にできるよう、フードバンクや子ども食堂等との連携について、あらかじめ想定フローが作成できないか検討されることになりました。

子どもと家族を孤立させないための児童の保育体制については、公設児童クラブのみならず、民間であるNPO法人等がおこなっている自発的活動を注視し、意見を聴取しながら、行政にしかできない支援の在り方を積極的に考案していくよう、強く求めています。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック