fc2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

職域接種の実施が検討されています

新型コロナワクチンの集団接種、概ね大きなトラブルもなく進んでいるようです。

65歳以上の方の接種券も近日中に順次発送予定です。

登別市の対象者内訳は医療従事者約1,400人、65歳以上約18,000人、基礎疾患を有する方約3,000人、高齢者施設等従事者約700人、60〜64歳約2,800人、16〜59歳約18,000人と推計されています。

これから65歳以下の接種がいつ頃になるかが注目されますが、いくつかの市内業界団体では『職域接種』が検討されています。

これは、登別市行政を介さず業界団体が直接、国と近隣医療機関と連携して最低1,000人以上を対象に実質するものです。
実現すれば、市行政の負担を軽減しつつ、現役世代の接種スピードが格段に上がることになります。

ただし、職域接種済者と市行政管理の集団接種者の整理など、市行政の事務的負担が増えるかもしれませんが、、、、

協力医療機関や看護師の確保が課題にはなってきますが、制度活用について関心がありましたら、調査のお手伝いをさせていただきますので、いつでもご連絡ください。 <厚生労働省リンク>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック