fc2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

地方議員養成講座スタート

道内地方議員や研究者、自治体職員有志で構成する『地方議会 地域への種まき研究会』主催による地方議員養成講座がスタートしました♪
     IMG_0729.jpg
統一地方選挙まで1年となり、道内各地の市町村で立候補を検討している方や、当選間もない方を対象に、地方議会の役割や求められる思考や倫理観、公職選挙法や実践的な選挙対策などを約2年間かけて講義するものです。本日の北海道新聞さん一面にも記事が掲載され、多くの関心をお寄せいただいているおかげか、道内全振興局管内、全世代から約50名もの参加をいただいております。


第1回となる今回は「議員とは何のために存在しているのか」をテーマに同志社大学政策学部の吉田徹教授から講義をいただき、私も座長として参加者との議論に参加。

以前にYouTube登別ひろしTV【リンク】でもご紹介させていただきましたが、地方議会での「なりて不足」や、育成支援の不足が課題となってきています。

吉田教授からは議会に多様な主体が参画することは重要だが、「女性だから」「若者だから」そのままその代表たる議員になるわけではない。議員になって何をしたいのかは短期的であれ明確にすべきとのメッセージは参加者にとって響くものがあったかと思います。

地方議会議員の仕事は、みなさんのマチにある社会的課題の解決。現代において、社会的課題を解決する方法は様々ありますが、その選択肢の一つとして地方議会議員という手法もあります。

本講座申込はすでに締め切っていますが、個別のご相談やサポートはいつでもお受けいたします。お気軽に辻までご連絡ください

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック