fc2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

千葉市にいます

昨日は川崎市で「福祉のまちづくり条例」についての視察をおこないました。

川崎市では総務部企画課と、建設部局の方から同条例について御説明いただきました。

部局名からも想像できるように、同条例の根本的目的はバリアフリーによるまちづくり(設備・道路整備など)でした。

理念や地域福祉推進を主目的ととらえていた登別市の条例とはズレがあり、質疑も十分にはかみ合わない印象がありました。

しかし、以前から福祉のまちづくり条例を制定している自治体では、同条例が「ハード整備」を主目的とすることを常識的にとらえており、登別市での考え方とは違って当然のことと思います。

私自身は、社会福祉理念や各種計画の根拠、地域福祉増進を目的とした条例をつくることには賛成ですが、やはり、そもそも「福祉のまちづくり条例」という名称を用いた条例案には見識の誤りがある可能性があろうかと考えています。

今日最終日は、千葉県庁へ「障がいのある人もない人も共に暮らしやすい千葉県条例」「障がい者就労モデルプラン」「チャレンジ・ド・オフィスちば」を視察させていただきます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

現市長から後継指名されていた職員が、
若手職員の出馬表明を受けて、町を二分することになるから
自分は不出馬
また選挙なし?

これ、市民にとって幸せ?不幸せ?

お~い | URL | 2008-06-01 (Sun) 16:11 [編集 ]


コメントありがとうございます

他のサイトでも関心が高まっている話題ですね。

幸せ不幸せはそれぞれ個人で感じる部分が多いですので、難しいです。

「選挙」は、家族や支えてくださる方々の想いがもちろん大切ですが、最終的には各々が何らかの決意・信念をもって、初めて出馬できるものと私は考えています。

周囲は色々な憶測含めて、出馬の理由や背景を探ろうとしがちですが、まずは「政策」まででなくとも、出馬決意の「理由」をご本人に聞いてみてもいいですね。

といっても、中々話づらいかもしれませんので、「お~い」さんと私で直接お会いしていただけるなら、是非ご相談させてください。

辻ひろし | URL | 2008-06-03 (Tue) 10:21 [編集 ]


No title

度胸の良い方ですね
メールします

お~い | URL | 2008-06-03 (Tue) 12:27 [編集 ]


 

トラックバック