Entries

発達障がい児・者支援者研修会

「地域に求められる発達障がい児・者支援」~困りごとを抱えた当事者・家族・支援者たち~
が、ホテル平安で行われました。
    
    


登別市における発達障がい児・者への支援策について、具体的なものが不足しているとの意見は多く、議会でも何度も取上げられている課題でもあります。

今回は、市内の教育・保健・医療・福祉・就労などの場で、支援に携わっている方々が集い、当事者の方への支援実績のある方々を講師に招いた講演・シンポジウムが開催されました。

北海道立精神保健福祉センター 主任技師 上田敏彦氏より
   
   


講演メモ:
「幼稚園・保育所」の支援

 障がいがあるかもしれないことを、親にどのように伝えるか。本来は障がい云々よりも、子どもを個々人として捉えたい葛藤がある。
 
 進学時に学校教員にどのように伝えていくか。最近は入学前に学校教員が様子を見に来ることも多くなったが、『先入観を持ちたくない』『子どもの特色を「障がい」の視点で見たくない』などの理由で引継ぎを受け付けない教員も多い。教員の想い・哲学も共感できるものであり、まずは両支援者の想いを伝え合う場としてのケース会議を実施することが大切ではないか。

「家庭」の支援

 家庭・保育所・支援センターなど、それぞれの環境によって、子どもの反応や・障がいの現われはマチマチ。それぞれでの状況や、困難さを共有しなくては、支援者同士の衝突・無理解を招いてしまう恐れがある。
 子どもの支援家庭では、親への支援を必要とする事例も多い。例えば、親が幼少期に抱えていた障がいや、メンタルヘルスの課題が確認されることもある。

「他の子どもや親に障がいの説明をした方が良いのか」

 理想論としては、適切に説明し、理解を得る必要がある。十分な理解が得られれば、他の子どもが本人のサポーターになり、大人になってからも障がい児・者を受け入れてくれるだろう。

 ただし、理想とは別に、子どもは一人ひとり個性を抱えた人であり、互いの「壁」を理解し、互いに何が出来るかを話し合うことが大切である。 

シンポジウムでは、「胆振西部児童デイサービスセンター あいあいROOM センター長」「登別市立鷲別中学校 特別支援学級 主任」「通所授産施設ポプリ 地域生活支援センターあぷろ 施設長兼センター長」からそれぞれ、実践現場での「想い」が語られました。

今回の研修会は、障害者自立支援法に基づく、登別市自立支援協議会から波及し、実行委員会を立ち上げて実施されました。

今回の研修・意見交換を通じて、登別市で取り組むべき課題や、ネットーワークづくりは何かを議論し、具体的に形づくられていくことが期待されています。

今回の研修会実施にあたり、木村義恭実行委員長をはじめ、西いぶり地域生活支援センタースタッフ・市職員が実質的な事務局としてご尽力されていました。お疲れ様です。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/308-34f7f32d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR