登別市議会議員 辻󠄀ひろし

発達障がい児・者支援者研修会

「地域に求められる発達障がい児・者支援」~困りごとを抱えた当事者・家族・支援者たち~
が、ホテル平安で行われました。
    
    


登別市における発達障がい児・者への支援策について、具体的なものが不足しているとの意見は多く、議会でも何度も取上げられている課題でもあります。

今回は、市内の教育・保健・医療・福祉・就労などの場で、支援に携わっている方々が集い、当事者の方への支援実績のある方々を講師に招いた講演・シンポジウムが開催されました。

北海道立精神保健福祉センター 主任技師 上田敏彦氏より
   
   


講演メモ:
「幼稚園・保育所」の支援

 障がいがあるかもしれないことを、親にどのように伝えるか。本来は障がい云々よりも、子どもを個々人として捉えたい葛藤がある。
 
 進学時に学校教員にどのように伝えていくか。最近は入学前に学校教員が様子を見に来ることも多くなったが、『先入観を持ちたくない』『子どもの特色を「障がい」の視点で見たくない』などの理由で引継ぎを受け付けない教員も多い。教員の想い・哲学も共感できるものであり、まずは両支援者の想いを伝え合う場としてのケース会議を実施することが大切ではないか。

「家庭」の支援

 家庭・保育所・支援センターなど、それぞれの環境によって、子どもの反応や・障がいの現われはマチマチ。それぞれでの状況や、困難さを共有しなくては、支援者同士の衝突・無理解を招いてしまう恐れがある。
 子どもの支援家庭では、親への支援を必要とする事例も多い。例えば、親が幼少期に抱えていた障がいや、メンタルヘルスの課題が確認されることもある。

「他の子どもや親に障がいの説明をした方が良いのか」

 理想論としては、適切に説明し、理解を得る必要がある。十分な理解が得られれば、他の子どもが本人のサポーターになり、大人になってからも障がい児・者を受け入れてくれるだろう。

 ただし、理想とは別に、子どもは一人ひとり個性を抱えた人であり、互いの「壁」を理解し、互いに何が出来るかを話し合うことが大切である。 

シンポジウムでは、「胆振西部児童デイサービスセンター あいあいROOM センター長」「登別市立鷲別中学校 特別支援学級 主任」「通所授産施設ポプリ 地域生活支援センターあぷろ 施設長兼センター長」からそれぞれ、実践現場での「想い」が語られました。

今回の研修会は、障害者自立支援法に基づく、登別市自立支援協議会から波及し、実行委員会を立ち上げて実施されました。

今回の研修・意見交換を通じて、登別市で取り組むべき課題や、ネットーワークづくりは何かを議論し、具体的に形づくられていくことが期待されています。

今回の研修会実施にあたり、木村義恭実行委員長をはじめ、西いぶり地域生活支援センタースタッフ・市職員が実質的な事務局としてご尽力されていました。お疲れ様です。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック