FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

予算審査が終わりました

予算審査の全日程が終了しました。明後日、25日が議会最終日となります。

私の主な質問(教育費)
「青少年会館の適正な予約管理について」


これまで、会館利用の予約を行う際に、長期間利用している団体がいると新規団体が予約しづらい現状がありました。予約が重なった際は、当該団体同士での話し合いで対処されてきましたが、それらの調整を利用者同士で行うことで、団体同士の摩擦が生じる事例もあります。今後は“管理者”が調整を図るよう、配慮が行われることとなりました。



「登別小学校 飛翔櫓倒壊について」

登別小学校で行われている相撲学習やPTA・地域の方々の自助・自主活動自体は強く推奨するものではありますが、今回の事故は場合によって傷害につながる恐れもありました。

 全市的な観点から、各学校敷地内に設置された建造物などは、その設置者・寄贈者にかかわらず、市教育委員会に管理責任があることを確認し、保守点検の不備があることを指摘。

 PTA寄贈・卒業記念などにより各小・中学校に設置された遊具や大型建造物・その他の設置状況確認と保守点検が改めて実施されることとなりました。

今回の予算編成全体では、緊縮には変わりはないものの「明日のまちづくり特別枠」など、個性ある編成の中で共感できるものも多くありました。

予算審議では各議員から質問が出される中で、私自身気づきを持たされることも多いのですが、今回は特に同期議員が「的を得た」質問を多くされており、大きな刺激になりました。

単純に“負けてられない”と思えるのは、地方議会の良さの一つかもしれませんね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック