登別市議会議員 辻󠄀ひろし

東神楽町視察

観光・経済委員会で行われた東神楽町水道事業視察に、所属委員外ですが私も参加しました。

東神楽町は旭川市と水道施設を共同運営している町です。

        


登別市では室蘭市からの分水供給を受けています。しかしながら、事故発生時の責任所在が不明瞭であるなどの理由から、厚生労働省からは、分水は違法性があるので解消するようにと指導されています。それらの経過と内容は、平成20年第●回での一般質問でおおむね明らかになり、その後も市から委員会への報告が適宜行われています。

さて、東神楽町は元々、地下水のみを水源としていましたが、水量確保に懸念があるとして安定的な恒久水源の確保が課題となっていました。

そのような中、様々な経緯を経て、現在は・・・「旭川市所有の水道施設を東神楽町との共同施設として使用(旭川市有施設の一部を行政財産の目的外使用許可により東神楽町へ貸出)」「?浄水処理業務は旭川市に委託する」ことで、水道施設の共同運営を実現しました。

今回の視察事例はあくまでも、旭川市と東神楽町の事情による経過があっての共同運営です。法律上の整理はついていますが、浄水場施設において何らかの事故があった場合の責任・保障範囲などについては、実質、十分に整理されているわけではないので、「分水」と同様のリスクは抱えた共同運営との感想を私はもちました。

登別市・室蘭市での分水解消に同様の手法を用いることは難しいかもしれません。

しかしながら、最終的な目標には広域連携による事業展開をモデルとしているように感じます。その点においては、当市の分水解消の方向性と合致する部分もあり、一手法としては非常に参考になるものでした。

いずれにせよ、市民生活に直結する重要な問題ですので、担当者レベルで進行するのではなく、議会も主体的にかかわり、慎重な議論を経ていかなくてはなりません。


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

観光経済では?総務教育では行っていません。

T.KIMURA | URL | 2009-07-15 (Wed) 11:37 [編集 ]


ごめんなさい

無意識に間違えていました。

訂正させていただきました。ありがとうございます。

辻ひろし | URL | 2009-07-16 (Thu) 08:00 [編集 ]


水道

新庁舎の建設にあたり

登別の水道料金は 室蘭市より高く設定されております
水源が登別市にあるのに どう考えてもおかしい状態にあるのでは

庁舎は時期尚早
この水道問題を解決してから
逆に 解決すれば 水源の提供=登別市の財源になるのではないでしょうか
よろしくお願いします

登別市 民一郎 | URL | 2016-02-04 (Thu) 12:57 [編集 ]


Re: 水道

登別市 民一郎 様

ご返信がお遅くなり、申し訳ございません。

水道事業については、会計制度も整理されてきており、今後「水道料金がなぜ高いのか?今後どうなるのか?」等の説明をしやすくなってくると思います。少なくとも、提供コストは変わらないのに人口が減少してきているので“一人当たりの負担額”は、今後ますます高くなってくることが予想されます。慎重に未来予想をしていかなければなりませんね。

ちなみに、庁舎の建て替えについては、ここ数年で建替えを実施するということではなく、将来の立て替えにむけて「積立貯金」を始めるということです。よっぽど大口の寄付金等がない限り、建替えそのものについては、まだ先々になってしまうと思います。

辻ひろし | URL | 2016-02-08 (Mon) 13:59 [編集 ]


 

トラックバック