fc2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

刈田神社祭典

今年、初めて刈田神社の宵宮祭(祭儀)に参列させていただきました。

神社前に露店が並ぶ“幌別地区手づくり祭り”は何度も行っていますが、刈田神社の祭儀そのもに参加したことはなく、“倭会”の皆さんと一緒に神輿も初めて担がせていただきました。
    (・・・肩が届かないので舵取りです

ところで、そもそも市民の多くは刈田神社例大祭(カッタジンジャ)を毎年楽しみにしていますが、神社前の露店と神社祭は区別されています。

例年、神輿の担ぎ手も少なくなってきていますが、市の広報に担ぎ手募集の記事を掲載することもできません。

理由は「宗教活動であるから」。

・・・なるほど。「祭」の文化継承がどんどん難しい時代になってきています。

町内会を神輿が練歩く時に、信仰心をもって拝んでくださる方もいます。しかし、子ども達をはじめ、多くの方々にとっては、生活の楽しみであり、伝えたい文化ではないでしょうか。

信仰宗教や思想が異なっても、この日ばかりは子ども達とともに町内会活動として一生懸命参加してくださる方もいます。

獅子舞も餅つきも、元来は宗教活動です。

文化と宗教の関係のあり方、街の歴史の伝承について、皆さんはどのようにお考えになりますか?


ついでに。。。
     かまれるわが子。


     地獄まつりでは肩がとどきましたよ。


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

幌別地区手づくり祭り実行委員会?

天気がいま一つでしたが、なんとか持ちこたえましたね
ところで、
「神社前の露店と神社祭は区別されています」とはどういうことで、
幌別地区手づくり祭り実行委員会とは、どのような組織でいつから露店を行っているのですか?
わかれば教えてください

ま~ | URL | 2009-09-11 (Fri) 18:14 [編集 ]


少しお時間ください

コメントありがとうございます。
これまでの経過はわからないので、こちらの都合で申し訳ありませんが後日、詳しい方を探してお聞きしてみます。

ただ、神社の「例大祭」=露店ではなく、そもそも露店は神社と住民をつなげる接点のようなものと考えられているようです。他の神社でも露店の実施主体は神社であったり、町内会であったり、観光協会であったり、その他の任意団体であったりとマチマチのようです。

すぐにお調べできず申し訳ありませんが、下記のアドレスにメールを下さるか、“管理者にだけ表示を許可する”でアドレスを教えてくだされば、ご連絡いたします。

「h.tsujiアットマークsanai-hospital.or.jp」

辻ひろし | URL | 2009-09-12 (Sat) 08:50 [編集 ]


 

トラックバック