Entries

生活・介護支援サポーター

補正予算審査が行われ、私も補正予算審査委員会に委員として出席しました。

私が質疑した主な内容は・・・・
「安心生活創造事業について」


本事業は、公助や共助では支援されずらかった、一人暮らしの高齢の方や、障がいのある方を調査し、それらの方と契約を結んだ上で日常生活の相談・生活支援を行うものです。

例えば、各種施策の紹介や、ゴミの分別、安否確認などが支援内容になります。

また、支援員については、一般市民の方を対象に20時間の講習を経て養成された「生活・介護支援サポーター」が取り組みます。

本事業の画期的なところは、いわゆる要援護者と呼ばれる方を調査把握し、支援にあたっては「契約」をするところにあります。

これまでは町内会活動や近所づき合いなどで、ある程度関りのある方しか支援されづらかった現状がありましたが、本事業では、地域で埋没してしまっている方も積極的に把握し、声をかけていくことになります。

いわゆる、“声なき声”が、地域や行政にしっかりと届くようになることも期待されます。

全国的にみても、先進的な事例になります。社会福祉協議会に委託して事業が実施されますので、これまでの地域福祉実践計画「きずな」が、より具体的に実現することになります。

登別「市」につていは、社会福祉協議会にすべてを任せてしまうことなく、事業実施過程の中で、「声なき声」にしっかり耳を傾け、市政に反映しなくてはなりません。

また、これまで個人情報保護の観点から把握しずらかった、災害時要援護者についても本事業を活かして把握に取組んでいただきたいと思います。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/400-d6e1df1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR