FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

自立圏交付金削減

定住自立圏構想に係わる交付金が973億円執行停止されることが明らかになりました。

定住自立圏交付金に関しては、室蘭市を中心市として当市も取組んでいます。

今回の執行停止理由の一つに、「補正予算で金額がつくから駆け込みで積み上げた印象がある・・・」と説明したそうです。

街の将来を真剣に議論し、合併論を経た経過を踏まえて、定住自立圏構想は有効な手法と捉えた議員や市町村長も多い中、あまりにも失礼な理由づけではないでしょうか。

私自身も、今回、観光圏の認定に取組むことを提言した背景には、この定住自立圏に対する想いもありました。

しかしながら、地方自治に直接係わる人間にとっては認知度の高い「定住圏」についても、一般的にご存知の方は少ないのが現状です。

情報通信技術に関する予算600億円執行停止についても感じることですが、あくまでも「一般的に」認知度の高い予算よりも、“街の未来をつくる”中期的政策に関する予算が狙われたようにも感じてしまいます。

もちろん、「無駄」の削減は推進しなくてはなりませんが、なぜ無駄なのか、あるいはその優先順位をどのように考え削減・停止を実行したのかを、丁寧に説明していただきくことを望みます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック