登別市議会議員 辻󠄀ひろし

子育て支援住宅ができます

決算審査が続いています。

私からは15項目を質問。主には、市営住宅における“優先入居”のあり方について質疑しました。

優先入居では、例えば入居者が高齢化・障がいなどを理由に上階への入居が困難となった場合に1階へ住み替えをしたり、入居申請段階で1階への入居を配慮したりしています。

私は、この優先入居に関して、もっと政策的に“支援住居”として取り組むべきではないかと考えています。例えば、子育て支援住宅や高齢者支援住宅など、入居対象者を限定した「枠」をつくり、募集を図れば、近隣自治体からも転入してくる方がいるかもしれません。

その点について、現在建設中の道営住宅(であえ~るはまなす団地)では、A棟39戸の内、10戸を「子育て支援住宅」とすることが明らかにされました。

具体的にはユニバーサルデザインの居室とし、ベビーカーやベビーバスの設置がしやすいなどの配慮がされた居室で、小学校就学前の幼児が居る家庭が対象となります(入居期限は中学校入学まで)。子育て家族だけが入居できる支援住宅は、根室市に次いで道内2例目になると思われます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック