登別市議会議員 辻󠄀ひろし

らんこし米

グリーンシード21の例会で、蘭越町へ行ってきました。

蘭越町の行財政再構築プラン(蘭越町総務課)や、自治体職員による自治体政策の着眼点(酪農大学教授 松本氏)、北海道における財政の現状(石狩支庁地域政策課主幹 阿部氏)などについての研修が主な内容でした。

実は、蘭越町に行くのは初めてです。ちょうど先日、登別室蘭JCの主催者側として、お招きした観光カリスマの小川原格氏からご紹介された、“iセンター”の現地も見たかったので、少し早目に現地に入って、町内をウロウロさせていただきました。

登別からは、留寿都・真狩・蘭越と車を走らせましたが、道々に売っている食糧資源の豊富さには驚きます。お店の方に聞いてみると、最近の傾向として、野菜の多様種販売、天然酵母パン、ジャム、燻製に人気が高くなっているそうです。

その点においては、後志のポテンシャルは高く、お隣としてはその動きを見逃せません。


ところで、蘭越町はお米どころで、新米が最盛期です。さっそく買って帰り、妻が漬け込んでくれたイクラと、これも買ってきた山芋をかけて戴きました。。。。

   うま~~い!

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック