登別市議会議員 辻󠄀ひろし

本当は面白い地方議会の真実

昨日は、道庁・道議会へ調べ物に行ってきました。夜は、札幌エルプラザでNPO法人ドットジェイピー&北海道若手市議会議員の会有志で、「本当は面白い地方議会の真実」と題した、若手議員と学生・一般の方々との交流会に参加。

           


学生の方々からは、「政治に興味を持ち始めたのは大学に入る前だ?」「上下関係が厳しい(若手議員は肩身がせまい?)」といった質問に○×でお答えしたり、小グループで「議員は普段何してるの?」「なんで議員をしているの?」といった内容で直接対談をさせていただいたりしました。

時々、ドキッとするような質問あり、汗びっしょりでしたが、改めて自分が議員になった経緯や今の活動に対する想いを伝える機会になりました。

はじめはどうしても肩肘張って答えていましたが、皆さんが真剣にお話を聞いてくださる姿勢に押されて、素直に答えてしまいます。若い方々に“議員”を知っていただく活動とは言え、自分自身の資質向上に繋がる体験でした。

昨夜参加していただいた方が、地元議員に話しかけてくださる機会になれば嬉しいですね。

(ちなみに、昨夜お会いした方の中に、私のブログに以前書き込みをしてくださった方がいました。市内だけでなく、市外の方も見てくれていることに嬉しくなります。もし、登別に来ることがあれば、ご連絡下さいねお待ちしています。)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック