Entries

異議申し立てを棄却へ・・・

高額療養費督促の異議申し立てについて、棄却すべきとの答申を行うことが決まりました。

今回の異議申し立ては、誤って受給された高額療養費戻入金を市へ返還していただくようを求めたこと(請求)自体ではなく、その請求後に支払いがないため督促状を送付したことに対する異議申し立てでした。

つまり、返還請求そのものへの異議ではなく、督促行為(電話や訪問など)に誠意が感じられないので、督促状を棄却するべきとの異議申し立てです。

私自身は、督促状の送付そのものは法令に基づいた行為であり、異議申し立ての棄却はやむを得ないものと考えています。

市は棄却後も、あくまでも丁寧な説明と同意を得ながら返還請求を続けることを約束しました。

今回の異議申し立ては、市による一連の対応や説明姿勢のあり方に対して、市民自身が疑問に感じ権利を行使された点において、とても意味深いものです。

市長をはじめとする市職員は、今回の市民による権利行使を「苦情」と同様に捉えるのではなく、行政職員としての専門性と倫理観を見直す機会にされることを望みます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/433-b064840b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR