登別市議会議員 辻󠄀ひろし

消えるまでゆっくり火の元にらめっこ

室蘭市で死傷者の出る火災がありました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、負傷者の方のご回復を切に願います。

先日、消防関係者の方と、最近は住宅建材の技術向上にともない、全焼・半焼するような家事は少なくなったとお話しをしていたところでした。

実際、アパートで出火したものの一居室内で自然鎮火していたケースもあります。

しかしながら、近隣自治体同様、登別市では古い住宅が増えてきており、それら住宅の多くは防火建材の使用が乏しいのが現状です。

住宅火災死者の半数以上が高齢者と言われる中、高齢化率の上昇も火災事故発生率を高めています。

火災発生率の減少をそのまま「安心」ととらえず、誰にでも・どこにでも火災発生のリスクがあることを今一度考え直さなくてはなりません。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック