FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

議員定数

議員定数のあり方について、会派内でそれぞれの考えを述べ合いました。

これから、議会としての議論が積まれることになりますが、各議員の考え方は色々と異なります。

基本的には、「定数削減か維持か」「報酬との関係」などが議論の主軸になりそうですが、削減だろうが、維持だろうが、いずれにしても客観的な根拠を私自身は見出せていません。

定数のあり方については約10年間議論が続いている内容であり、これからも続けていかなくてはならないことですが、個人的には今後も議論に多くの時間を費やしていくことには疑問もあります。

例えば、人口に応じて自動的に増減させていくべきなのか、例えば、市職員の主査給与と常に同一の報酬にしていくべきなのか、はたまた、議会としての独立性をもって都度議論していくべきなのか、、、、

登別市議会の場合は、毎年の市民フォーラムで意見を聴いていくことも手法の一つになるかもしれませんが、それも主催者側(議会)の意図がまったく影響しない意見を聴取できるとは限りません。

どのような手法が適切なのかを今調べていますが、もし、良いアイデアをお持ちの方がいればご教授下さい。

いずれにせよ、地方議会議員として、責任と誇りをもって仕事をさせていただいている中で、削減=先進的との風潮には疑問を呈していきたいと考えています。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック