登別市議会議員 辻󠄀ひろし

室蘭児童相談所

石山議員からの提案もあり、北海道室蘭児童相談所へ所長との意見交換に行ってきました。

内容は、児童相談所における虐待・非行相談などの現状、および市町村との連携を中心にお聞きしました。

お話しをしながら気になるのは、登別市の虐待相談窓口の状況です。児童相談所ではその増える相談件数に応じて、児童福祉司を来年度より増員されますが、当市では、数年前からむしろ縮減し、兼職のみになっています。

要保護児童の相談件数は増えているにも関らず、予算は縮減→多忙→政策立案の遅れ→さらなる予算縮減と、悪循環が始まっているようにも感じられます。

仮に担当部署が多忙であっても、執行部による適切な政策立案があれば、補えるのでしょうが、その動向も今のところは感じられません。

まずは、「福祉部局による早期発見」「保健部局による予防」「教育部局による自立支援」など、それぞれの部局が主体的・積極的に要保護児童の問題に向き合い議論する時期にあると、強く感じる訪問でした。

精神障がい者政策がそうであるように、“社会的事件”が起きてからの政策を重ねるような、悲しい歴史積み重ねは、絶対に避けねばなりません。


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック