登別市議会議員 辻󠄀ひろし

生きがい

明日13時~「市政・教育行政執行方針」が行われ、一般質問、予算審査と、約1ヶ月間の定例会が始まります。

今回も一般質問をしたい内容がいくつかあるので、絞込みを始めていますが、まずは明日の市政・教育行政執行方針を踏まえてから決めたいと考えています。


ところで先日、社会福祉の仕事に従事する小樽の友人から、こんなお話しを戴きました。

「誰かがやる仕事、誰かがやらなきゃいけない仕事があったとき、それは私じゃなくても良いのかも知れない。だれかが、手助けを求めてる時、それは私にじゃないかもしれない。でも、私が出来るなら、やりたいし、それが私の嬉しさになる」

社会福祉の仕事=奉仕・救済と捉えられがちですが、そこには対人サービスとしての大きな責任があります。しかし、それだけではなく、自らの人生観や生きがいと、社会から求められているサービスとが一致して、初めて続けられる仕事でもあります。

友人は自らの仕事に、とても素直に取組まれているのだと感じました。

私が地方議会議員の仕事が好きなのも、きっと同じ理由なのだと思います。

 

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック