Entries

防災

チリ地震に伴う津波警報発令を受けて、昨日は緊張の一日となりました。

市内では、公民館・小中学校への自主避難者が20名以上いらっしゃいましたが、現在まで、市内における大きな被害は報告されていません。

私の所属する登別分団でも、午前中は普通救命講習受講、午後からは津波警戒のため自宅待機をしていました。

          


消防、市職員は出勤して警戒にあたっていたようで、休日の臨時対応、お疲れ様でした。今回のように、「災害が予想される」ことは少ないですが、私自身は改めて“自助”の準備が乏しいことを痛感しました。

ちなみに、登別市の場合は洪水・津波浸水予想地区が調査されており、それらの地区に該当する世帯は特に注意が必要です。また、太平洋側からの津波は第一波が到達すると、一旦引いた津波が襟裳岬にぶつかり、以降、数回津波が繰り返し到達ことがシミュレーションされています。

平成20年10月におこなった議会質問では、ISO規格による津波警戒の統一標識設置が検討されると答弁がありましたが、設置は確認出来ていません。近日中に進捗状況を確認しておきたいと思います。

コメント

[C133] 素朴な疑問

会期中でお忙しいとは思いますし、今頃なのですが・・・。
昨年7月より若山町に在住で、数十m先に防災無線の設備がありますが、昨年8月の終戦記念日の追悼サイレン以外、吹鳴した事がありません。
”警報”が出ていて、幌別バイパス通行止、JR運休なのに、注意喚起の放送も無いのか? と思っていました。
一部の地域は放送があった様なのですが・・・。
区域指定、一斉等システムで個別放送は可能かとは思われますが、対応が疑問で、装置の正常性にも疑問です。
(市へ問い合わせれば良いのですが、ブログを発見しましたので)
東京都を始め、関東の自治体は、夕方に試験を兼ねた、”ゆうやけこやけ他”を流したり、(夏季・冬季で時間が違う、子供の家帰れの意味もある) 俳諧老人発生、火災時等は区域を指定して放送があります。
ブログにある様に、各種ハザードマップもあり、やることやってるなあ、と安心していたのですが・・・。
何も無く、平穏なのかも知れませんが、ある物は有効に使用した方が良いと思われます。デジタル化する前に元を取りましょう。リモートである程度確認は取れるでしょうが、実際に運用しなければ正常か判断出来ない場合もあるかと。
そんな事を思った、チリ地震でした。
  • 2010-03-18 00:17
  • サンダーバード
  • URL
  • 編集

[C134] ありがとうございます

貴重な情報とご意見、ありがとうございます。

サイレンの吹鳴装置ですが、丁度、昨日の予算審査においても他議員から質問が出ていました。

市の説明によると、吹鳴装置は全地区で作動させて、声とサイレンにより津波警報を周知したそうです。しかしながら、場所によっては聞こえない住宅も多く、今回のように数メートル先でも聞こえなかったのはなぜか、検証をする必要があると思います。

以前は昼と夕方に試験を兼ねてサイレンを吹鳴していたのですが、地区によっては三交代勤務などで就寝中の方もおり、苦情がかなり多くなり中止した経緯があります。

また、機器の動作テスト事態は、音を出すことなく、消防本部で一元管理できるシステムに切り替えられています。

と、ここまでは、気になって市に問い合わせるなどして調べた結果です。しかしながら、実際に聞こえてなければ意味がありません。特に今回のように避難所を設置してまで警戒したにもかかわらず、要援護者へのサポートや、地域の共助システムが殆ど活かされなかったことは、反省の多い事例になったと思います。

私の自宅の直ぐ隣は道営住宅なのですが、夕方に「ゆうやけこやけ」を流しており、団地住民からの苦情は無いそうです。確かに、就寝中の方にとっては不快ですので、音量を下げたり、メロディーにしたりと、工夫をすれば、災害時の共助意識を醸成につながると思います。

この件は、継続的に改善を求めていく必要がありますので、必ず、時々に取上げさせていただきます。それでも、実際の状況はご意見をいただけなければ掴みきれませんので、今後もご連絡いただけましたら幸いです。
  • 2010-03-18 08:56
  • 辻ひろし
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/468-9c0e02fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR