登別市議会議員 辻󠄀ひろし

室蘭自動車整備協同組合青年部会

室蘭自動車整備協同組合青年部会からのお誘いで、卓話をさせていただきました。

テーマは、「職場におけるメンタルヘルス」

          


昨年末の厚生労働省発表では、罹患者が100万人を越えた「うつ病」を中心に、誰もが罹患する可能性の高い、こころの病に対するご理解を求める内容にまとめました。

特に、ご参加いただいた方は会社代表の方や、2代目の方が多かったようですので、こころの病における管理監督者の安全配慮義務についても触れさせていただいています。

従前の安全配慮義務の対象は、歴史的に生命・身体への直接的危害を中心に取り上げられてきましたが、平成13年電通事件などを機に、事業者の安全配慮義務は精神衛生に及ぶことが言及されています。

管理監督者自身の発症率も高くなっている病気ですので、高血圧症や糖尿病などと同様に、生活習慣の中で予防を図ることが大切です。

様々な方と出会える卓話は、私にとって、大きな成長を得られる貴重な機会となりました。青年部会の皆様、ありがとうございます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック