Entries

グランマ

2日間、白老町消防へ甲種防火管理者講習の受講に行ってきました。改めて、防火体制構築の重要性を学ぶことが出来、登別市行政への提言に活かせそうなお話もありました。

さて、白老町と言えば、先日の
“グランマ”命名とデザインは調理担当おばあちゃんの息子さんで、デザイナーの方が担当されたそうです。


     
白老町の空き店舗対策ともうまく合致し、家賃補助などを受けて開始(申請後なので、一旦自己負担になりますが・・・)。

上勝町の葉っぱビジネスからヒントを得て、北海道人の大好きな山菜料理を始めようと思い立ち、元々の趣味サークルの仲間から発展的に開店にまでこぎつけられました。

地産地消のアイデアに苦慮することも多いですが、実は北海道の山菜も大きな地産品だったのですね。

           
   
     

 日替わり定食550円也。もちろん、おいしかったです!!

代表の小沢トキ子さんは、先日、登別市の「ゆめみ~る」(過去記事)にも来て下さったそうです。いつか、両店のコラボイベントを企画して欲しいですね。
 
開店までの経過について聞くと、とっても楽しそうに、家具や食器などをリサイクルショップで買って準備したお話をしてくれました。同じ想いが集うすばらしさ、身の丈のビジネスが生む生きがいが、グランマには溢れていました。


白老町 山菜料理のグランマ
白老町大町3-1-2
営業時間 10:30~15:00(オーダーストップ14;00)
定休   日曜日








コメント

[C144] 記事とは違う話ですが

 どうも御無沙汰しております。
市議のブログいつも読ませていただいております。
 相変わらず精力的に活動されているようで頼もしい限りです。

 さて久々に市議会のHPを覗いてみたら、平成21年度の政務調査費の
詳細が公開されていました。

 辻議員の会派「市政クラブ21」の政務調査委費で確認したい点
を質問いたします。

 旅行代金の領収書に「クレジットカードにて入金」とありました。
これは誰のクレジットカードなのでしょうか?

 議員も御承知の通り、クレジットカードによる支払には実質的に
は金銭と同等ともいえる各種ポイントが付与されます。

 65万円超の買い物をクレジットカードで購入すると相当の
ポイントが付与されると思われます。

 もしこれが個人のクレジットカードだとしたら、あまり好ましく
ない話です。

 民間企業でも最近は社用の出張等の費用を、個人のクレジットカードで精算しポイントを個人が取得するような行為を禁止し始めています。

 今回のクレジットカードはどなたのだったのでしょうか?

 それともうひとつ。
できれば登別市内の旅行会社で予約してはどうだったのかな、と
思いました。大元は同じ会社になる可能性は高いですが、それでも
登別市内の事業所を使用するほうが色々好ましいと思われます。
 地産地消ではないですけど。

 それと議員の会派ではないのですが、一人会派の方の領収書が
非常に気になりました。
 領収書の明細を見ていくと、どなたかを同伴させて、視察旅行に
行っているようですよね。
 もう一人の方の分は当然政務調査費では負担していませんが、
その視察旅行自体の意義が問われそうです。

 個人的な旅行を視察旅行にかこつけて行ったと誤解されかねません。なぜ一人で視察旅行に行かなかったのでしょうか?
 だれと一緒にいったのでしょう?

 こういった場合は詳細を明らかにする義務があるのではないでしょか?
 辻議員はどうお考えになりますか?

 
  • 2010-07-06 19:55
  • 将来を希望を見出したい一市民
  • URL
  • 編集

[C145] お久しぶりです

コメントいただき、ありがとうございました。日ごろより、積極的に議会活動をみていただき感謝いたします。

さて、クレジットカードの件ですが、名義は私、辻になります。市政クラブ21では視察項目や旅行会社との調整など、すべて私が担当しています。平成21年度の支払いに関しては、苫小牧の業者が来庁された際に直ぐに入金を済ませてしまいたいとの思いから、個人クレジットカードで入金をしてしまった次第です。

その後、ご指摘のような課題がカード支払いにはあることを知り、以降は政務調査費を使用する場合の支払いには利用をしないようにしております。当時の配慮が足りず、申し訳ありませんでした。

自身の反省から、それらの取り決めについて、今後、議会に提案をいたします。

また、「旅行会社を市内業者に・・・」とのことですが、この点についても反省する点があると考え、市内業者を再度調べた結果、平成22年度6月の視察から市内の個人旅行業の方に変更をいたしました。

最後に視察への同行者の件ですが、詳細はご本人に確認していただくのが最善ですが、私がお聞きした限りでは、視察項目に興味を持っていただけた商工会業関係の方などが同行されたそうです。

私個人の考え方としては、視察項目が、市役所職員や近隣事業所などの興味・研修課題とマッチングするのであれば同行参加に問題はないと思います。

議員ひとりの議会質問では、政策提案の説得力に限界がありますので、市民や職員との意識向上、課題認識、知識の共用という点では、むしろ効果的でもあると思います。

例えば、別会派の視察項目に関心の高い項目があれば、私自身も自費で参加をしてみたいとも考えています。

取り急ぎのご返答になりますが、今後ともよろしくお願いいたします。
  • 2010-07-07 08:50
  • 辻ひろし
  • URL
  • 編集

[C146] ご回答ありがとうございます

 早速のご回答ありがとうございます。

 誠実なお返事にいつもながら感心いたします。
すっきりいたしました。

 そういえば同じく政調費関係で昨年ご意見をうかがった
「コピー機のリース料」については、某会派は計上を21年度
ではしていなかったようですね。

 これについても賢明な判断に思えます。

 そういえばもう一点21年度の政調費で疑問が湧いた会派が
ありました。

 機関紙って政調費で購入して良い性質のものなのでしょうかね?

 間接的には特定の政党に対する寄付になるような気がするのですが。

 お時間がありましたら辻議員のご意見も聞かせてください。



  • 2010-07-07 10:42
  • 将来を希望を見出したい一市民
  • URL
  • 編集

[C147] 機関紙

こんにちは。お返事が少し遅くなりました。

機関紙の購入に関してですが、機関紙の購入自体は、それぞれ関心のある団体の活動や、団体が研究している内容を調する目的で購入されるのであれば問題ないと思います。

その団体が、商工業団体や研究団体、政治団体、マスコミ会社など何れかであるかは、特別規制するものではないのではないでしょうか。

例えば、同じ機関紙を何冊も購入したりするのであれば、そこに購読以外の意図が感じられるため、適切ではありません。

いずれにせよ、政務調査費の各種取り決めについて、時代に合わせて再検討する必要はありそうですね。
  • 2010-07-09 08:12
  • 辻ひろし
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/518-14fc8d10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR