FC2ブログ
 

登別市議会議員 辻󠄀ひろし

中間システム

北海道大学観光学高等研究センターとNPO法人モモンガくらぶを中心とする、「地域の中間システムの評価に関する共同研究会」に参加しました。時間調整がうまくいかず、一部だけの参加になりましたが、NPO法人の活動内容や内部からの捉えについての理解が深まりました。

     

本研究会の主な目的は、モモンガくらぶに係わるボランティアの人材育成マネジメントのあり方、ふぉれすと鉱山のフィールドから発信される地域還元の仕組み、地域づくりにおけるNPO法人の役割や行政との役割分担のあり方などについての研究です。

私自身が市議会議員を目指した理由の一つに、地域住民と社会資源の橋渡しとして活動できることがあるのではないかと考えていました。

当時は社会福祉分野における興味に限定されていましたが、これまでの活動で、「社会全体」の視野から、経済や観光・教育などにおいても、橋渡しの機能強化が重要だと考えるようになりました。

その点において、北海道大学院国際広報メディア・観光学院観光創造選考 博士後期過程の森重昌之氏が提唱されている、「地域の中間システム」には興味関心がありました。

森重氏は、主に自律的観光の手法として、地域資源と地域外の消費者・企業との仲介者を「中間システム」と捉え提案されていますが、決して観光学だけの視点に捉われず、「社会」における機能の位置づけを研究されています。

別の街での活動報告や研究報告に触れる機会は多いですが、市内のNPO団体との共同研究はめったにある機会ではないので、今後の研究会にも参加を続けてみようと思います。

余談ですが、森重氏と私は同じ出身でした。大阪府豊中市上野東まで同じで、豊中市の方とお会いするのも珍しいのに、町区分まで同じで驚きです!!
 
ふぉれすと鉱山での懇親会はバーベキューとダッチオーブン

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック