登別市議会議員 辻󠄀ひろし

エンパワメント

先日、苫小牧市で行われたモラロジー研究所主催「教育者研究会」に参加しました。

基本的には、学校長をはじめとする教職員の方々参加による、事例・実践報告と、教育経験に基づく講演が行われます。偶然お知り合いになった方からのご紹介で初めて参加しました。

登別市内の元教職員や元学校長の方にも再会でき、道内の関係者が広く参加さているようです。

さて、「教育」については、時折、“教師が生徒に与えるもの”と捉えられることがあり、実際にそのように実践されている教師の方もいます。

しかしながら、本研究会の講演では、生徒指導の経験から、非行少女・少年が、生徒自身の力で変化を起こし、生徒自身の想いで未来がつくり上げられていった事例が紹介されていました。

個別性、主体性、自己実現、、、さまざまな言葉はありますが、与える教育ではなく、信じる教育を実践されていることに感銘を受けました。

“与える”ことは、時に教育者の主観に偏る可能性もあり、本来は、生徒自身が自己決定するような選択肢を提供し、変化の可能性と、自ら持つ力を見つけ信じることにこそ、教育の意義があると私は考えています。

教育現場において、変化の可能性を信じることは大変な苦労があると推察しますが、それでも、高い専門性と強い信念があればこそ、実践できることなのかもしれません。


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック