Entries

アルファ化米

今回の元鬼まつりのスタッフ用食事は、災害備蓄の更新に伴い、「アルファ化米」が使用されました。スタッフでも知らなかった方が多かったようですが、担当してくださった方々は、アルファ化米の使用方法を熱心に勉強されていました。





箸や容器、しゃもじまで付属されています。1箱50食分。


アルミパックに包装された米と鳥五目の素を混ぜ込みます。さらさらとした、乾燥米。(ご飯ジャーの底でカラカラになった米みたい?)。


お湯または水を入れます。お湯の方が出来上がりも良いようです。


お湯を入れた後に、少し余裕を持たせて輪ゴムで密閉。


箱を閉めて、お湯の場合は約20分(蒸らしも入れて40分ぐらいが良いそうです。)水の場合は1時間程度。


出来上がりは、米粒がやや砕けており、普通の米飯のような仕上がりにはなりませんでした。味も、「おいしい!」とまではいえませんが、燃料・電力を使用しない非常災害食としては十分です。

阪神淡路大震災時のボランティアで参加したときも、缶詰のおかずはあっても、米が無いことに苦慮した体験を聞いたことがあります。特に日本人にとって、非常時に米飯が食べられることは嬉しいようです。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/529-fae7b80d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR