登別市議会議員 辻󠄀ひろし

災害時要援護者

「災害時要援護者避難支援プラン」の案の完成について、市職員より情報提供がありました。

同プランについては、私が議員になって第1回目の一般質問で要望した内容ですので、特に想い入れの強いものです。障団連の方々からも毎年、市に要望されていました。

内容は、
?災害時要援護者の把握には、「手上げ方式(要援護者自らが登録申請)」「同意方式(地域住民などが要援護者に登録を勧める)」を併用採用。

?地域住民と災害時要援護者、市役所が協同で個別支援プラン(災害時に必要な支援策など)を作成。

?災害時に要援護者を直接非難誘導する担当支援者を2名、事前に地域から決定する。

?今後のタイムスケジュールは10月にパブリックコメントを募集し、11月中に制度決定。12月より登録申請受付及び個別支援プラン作成、町内会への情報提供などが行われます。

もちろん、これから大切なのは防災部局・福祉部局・消防部局などが横断的な協力体制をもって取り組んでいくことです。その点においては、現在取り組みが進められている“安心生活創造事業”などとの連携も不可欠になってきます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック