Entries

誰のため

地方議員として職務は、誰のためなのか?

議員活動が4年目になると、様々な仕組みや制度を知るようになり、「○○だから、難しい」「○○の問題があるから、仕方が無い」との考えが頭をよぎることが多くなります。

もちろん、職業議員として、しっかりとした専門性を持つことが大切であり、私なりの努力を続けている結果でもあると自負する部分もあります。

しかしながら、時には周囲の方々にご理解いただけないことに対して、「解っていない!」とすら考えてしまう時があります。

そんな、自身の驕りを感じる場面が最近増えてきているようです。

議員1年目は、行政や議員の方々のルールに戸惑い、疑問や気付きを持ちながら活動していました。今は逆に、そのルールに順応しようとして行動している自分がいます。

もちろん、周囲のご信頼を得ながら、謙虚な活動をコツコツと続けていくことは大切ですが、結果的に“自分の活動が自分のため”になっていないか、改めて自戒しています。

“辻”という人間が、自身が知らないところで作りあげられ、時に揶揄されることに憤りを感じる場面もありますが、それは“自分のため”であるから憤ってしまうのかもしれません。

議員の職務は、自分のために行動すれば、その価値をなくしてしまう仕事です。目指すなら、「存在感」ではなく、「価値」ある議員を目指したいです。




とりとめも無い内容ですが、最近感じていることをつづってみました。。。。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tsujihiroshi.blog.fc2.com/tb.php/551-b00abba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻󠄀ひろし

Author:辻󠄀ひろし
辻 弘之 (つじ ひろし)
2007年・26歳で登別市議会議員初当選。市議2期を経て、2012年末の登別選挙区北海道議会議員選挙に立候補するも惜敗。2015年、歴代最多得票にて市議3期に当選。

現 職:
医療法人社団千寿会法人本部、障がい者グループホーム アザリア・カワセミ・ヤマセミ勤務。北海道大学公共政策大学院卒。

資格:社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・社会教育主事など

所属:(社)登別室蘭青年会議所/登別商工会議所青年部/全国若手市議会議員の会/北海道自治体学会/グリーンシード21/登別青年会/日本社会福祉士協会/登別ケアマネ連絡会/登別自衛隊協力会など

家族:妻・長女・次女(中学校1年生 双子)

<お話ししませんか?>
info@h-tsuji.com

市に関する疑問や、アイデア、想い、 今取り組まれている社会活動をPRしたい、辻に会ってみたいetc...

何でも結構です。個人・団体・場所問わず、皆様の声をお聞かせ下さい。 

ぜひ、お気軽にご連絡下さい。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR