登別市議会議員 辻󠄀ひろし

議会改革シンポジウム

北海道大学で行われた、「議会改革シンポジウム~自治体議会が変わるためのヒント~」にパネラーとして参加してきました。

          

このシンポジウムは、NPO法人公共政策研究所の水澤理事長が、道内全市町村に議会改革状況を調査した研究結果報告を基調に行われたものです。

本研究は、道内市町村の議会活動の現況を横断的に較べる調査としては意味深いものです。一定の評価軸として、議会活動の先進度合いを点数化していますが、それぞれの自治体で求められる議会活動は異なるため、一概に優越を決めるものではありません。

それでも、登別市は平均点以上の活動と評価はされていました。私からは、それら議会改革の経過と現状の課題などについて、私見を含めてお話をさせていただきました。

登別市からも元市職員や市民の方も参加してくださっており、やや緊張しましたが、“伝える力”を養う上でもとても良い経験となります。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック